ポケモンGOが外出のきっかけに?(shutterstock.com)

写真拡大

 100以上の国や地域でプレイされている「ポケモンGO」。2016年7月に配信スタートするや日本でも大ブームとなり、さまざまな社会現象を引き起こしたのはご存じのとおり。

 集団での交通違反にとどまらず、車の運転中にポケモンGOに興じたあげく死亡事故まで起きた。

 その反面、自殺の名所として有名な福井県・東尋坊では、レアポケモンが出現するスポットとして人々でにぎわい、自殺者が激減したという効果が報じられた。

 また、注目された効果のひとつに<運動>がある。ポケモンを探しまわるうちに、意識せずとも活動量が増える。

 ところが先日、英医学誌『BMJ』(12月13日号)において、<ポケモンGOによる運動量増加は一過性のもの>という研究結果が報告された。

ポケモンGOによる運動量は持続しない?

 「ポケモンGO」は、プレーヤーに「全てのポケモンを捕まえたい」と思わせることで運動量を増加させるのではないかと、公衆衛生学の専門家は考えていた。

 だが、米ハーバード大学のEric Rimm氏らの研究では、このゲームは成人の身体活動レベルを短期間やや上昇させたが、その効果は長続きしなかったことが示された。

 ポケモンGOは、2016年7月に配信開始された、スマートフォンの位置情報に基づくバーチャルリアリティゲーム。プレーヤーはバーチャルのポケモンキャラクターや報酬を集めるために物理的に歩かなければならない。

 Rimm氏らは2016年8月、18〜35歳のスマートフォン利用者約1200人を対象にオンライン調査を実施。

 調査の結果、回答者の約47%は、2時間ほど歩き回ると達成できる「トレーナーレベル」までゲームを実施していた。ゲームを始めて1週間目のプレーヤーでは、1日あたりの平均歩数は955歩増加した。

 これは<1日11分間>の歩行量増加に相当し、世界保健機関(WHO)の推奨する歩行量である<週150分以上>の約半分を占める。

 ところが、その後の5週間で歩数は徐々に減少し、6週目にはゲーム開始前と同じレベルに戻った。

 Rimm氏は、「今回の結果は、ポケモンGOの健康への影響はわずかである可能性があることを示している。少量の身体活動も健康には重要となりうるが、ポケモンGOによる歩数増加は、多くの運動介入と同様、長期間持続しない」とコメントしている。
ポケGOが<プチひきこもり>の解消に?

 ところで、日本で「ひきこもり」現象が始まったのは、1970年代のこと。80〜90年代にかけて激増したという。いまでも年代を問わず「1週間外出していない」「ここ数日、家族以外と話していない」などの<プチひきこもり>は増えているようだ。

 12月26日に国土交通省が発表した「全国都市交通特性調査(2015年度)」(速報版)によると、調査日に外出した人の割合は平日80.9%、休日59.9%。この調査が開始された1987年以来、最低を記録した。

 1日の移動回数も平日2.17回、休日1.68回とこちらも最低。つまり、「外出する人」が減っている。人口全体における高齢者の割合が増えたとはいえ、移動回数では70代1.60回に対し、20代1.43回と減少している。

 そこで、外出の動機となるかもしれないポケモンGO。歩数増加の継続には懐疑的な報告がなされたが、<ゲームに飽きて辞める人>が増えたのも一因かもしれない。

ユーザー心をくすぐる<仕掛け>

 「ポケモンGO」を手がけるNIANTIC社は、ユーザーを飽きさせない仕掛けを次々と繰り出している。10月のハロウィン、11月の感謝祭に続き、現在は年末年始イベントの真っ最中だ。

 第1弾(12 月26日〜1月3日)は、レアな「ベイビィポケモン」をゲットできる確率が上がるという。第2弾(12月31日〜1月8日)では、御三家と呼ばれる「ヒトカゲ」「ゼニガメ」「フシギダネ」と、その進化系の出現率がアップする。

 正月休みでゴロゴロしていると、カラダがゆるむことは必至。この機会にポケモン探しに出かけてはどうだろうか。ただし、交通ルールや公共マナーは守った上で。
(文=編集部)