河村隆一の生歌が聴ける

写真拡大

世界有数の響きを持つ東京・築地の浜離宮朝日ホール。本来は室内楽のクラシックのホールだが、時々、人気のポップス・アーティストの公演もある。「プレミアム・ミーツ・プレミアム」と題され、シリーズ化されている。2017年2月には河村隆一や元ちとせ、May J.らが登場する。

客席約550という小ぢんまりとした音楽空間。歌い手の本当の実力や魅力が間近で堪能できるだけに、ファンにとっては見逃せない。

弱音も満喫できる

浜離宮朝日ホールは、音響が美しい室内楽ホールとして有名だ。1996年に米国音響学会が世界22か国の76ホールを調べた。そこで、ウィーンの楽友協会ホールなど3ホールが最高の「Superior」、浜離宮朝日ホールやニューヨーク・カーネギーホールなど6ホールが「Excellent」に選ばれた。

この調査は、残響・聴衆とステージの関係の親密度・音のバランス・音色の輝き・透明感・温かさ・質感などを技術的に測定しただけではない。演奏家や音楽評論家の意見も取り入れて総合的に判断された。そのなかで「浜離宮」は、弱音による繊細な演奏をすべての座席で満喫できるホールとして、演奏家や聴衆から高く評価された。

こうしたホールの音楽特性を生かしたのが、2007年から始まった「プレミアム・ミーツ・プレミアム」というライブシリーズ。歌唱力の高いアーティストがアコースティック・バージョンで歌う。これまでにも、小柳ゆきら実力派の歌手が登場している。

早くも完売の公演も

今回、初日と最終日に登場するのは、ロックバンドLUNA SEAのヴォーカリストとして人気を誇る河村隆一。音響機材を一切使用しない「生」の歌と演奏になる 。大音量の派手なライブとは全く違う雰囲気で、河村さんの歌唱力が味わえる。

このほか今回は、韓国出身のJ-POPシンガーソングライターK、R&Bの露崎春女、デビュー20周年を迎えた馬場俊英、「クイーン・オブ・レゲエ」と称される実力派のPUSHIM、「ワダツミの木」の元ちとせ、「アナと雪の女王」の日本版主題歌が大ヒットしたMay J.が出演する。

公演スケジュールは次の通り。いずれも全席指定。

2月12日(日) 13:30/17:30 河村隆一 10,800円

2月13日(月) 19:00    K  6,800円

2月14日(火) 19:00    露崎春女  6,500円

2月15日(水) 19:00 馬場俊英 Guest 斎藤誠 5,700円

2月16日(木) 19:00    PUSHIM  6,800円

2月17日(金) 19:00    元ちとせ  6,800円

2月18日(土) 15:00/18:00  May J.   6,800円(15:00の回は完売)

2月19日(日) 13:30/17:30  河村隆一 10,800円

チケット申し込みは以下・

・イープラスURL:http://eplus.jp/pmp2017/

・朝日ホール・チケットセンター(日・祝除く10:00〜18:00)TEL:03-3267-9990

浜離宮朝日ホール http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/

東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社新館2階。都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」下車2分。