一見、怖そうな女エイリアンだが…/[c]2016 MultiVisionnaire Inc. All rights reserved.

写真拡大

毎年、劇場未公開のレアな作品を上映し、コアな映画ファンから人気企画「未体験ゾーンの映画たち」。2017年1月7日(土)からスタートする今回も奇天烈な作品が満載だが、凶暴でビッチな女エイリアンが人間たちを襲いまくるSFホラー・コメディ『シーボーグ』(17年1月17日公開)がなんとも狂っている!

【写真を見る】人間をエイリアン化して地球征服を狙うシーボーグ/[c]2016 MultiVisionnaire Inc. All rights reserved.

宇宙裁判所から逃亡し、地球にある犬の保護センターの近くに墜落した半身サイボーグの女エイリアンは、故郷へ帰還するためにあらゆるエネルギーを蓄え、宇宙に送ろうとする。携帯電話を舐めて微量のエネルギーを摂取したり、触手状のもので人間の生体エネルギーを奪ったりする一方、人間をエイリアン化し、地球征服も企んでいる。

とにかくエネルギー不足の女エイリアンは、身近にいた犬たちを食料として口のまわりを血だらけにして次から次へと口にするなど、愛犬家ならゾッとするようなスプラッター描写が満載。かと思えば、人間の体を調べるといっては男の尻にノズルのようなものを刺しては喜ぶなど変態チックな一面も。

そんなエイリアンから地球を救おうとするのが、反抗期真っ盛りの市長の娘の高校生や、バンドマンであれば誰でも寝てしまうようなあばずれ女、超常現象大好きな「スター・トレック」マニアの女の子といったおバカな3人組。果たして地球の運命やいかに…?

エイリアンも人間も頭が悪すぎて、思わず笑うしかないなんともチープな作風が、本国オーストラリアではカルト的な人気になったというが、新年早々、何も考えずに見るには最適な一本かも。【トライワークス】