どこから見られても完璧よ

写真拡大

日本でも一般的になってきたデリケートゾーンのムダ下処理ですが、アメリカなどではもはや常識。18〜65歳の女性3316人を対象にした調査(米医師会誌「JAMA皮膚科学」電子版の2016年6月29日発表)では、デリケートゾーンを脱毛しているのは83%でした。さすが脱毛先進国ですね。

見た目の問題だけでなく、生理中の不快感が解消され、清潔も保ちやすい......と、メリットばかりがクローズアップされるデリケートゾーン脱毛ですが、最近、怖いデータが公表されました。

処理の頻度が高い人ほど、梅毒やヘルペスなど性感染症になるリスクが高いというのです。

梅毒やヘルペスのリスクが4倍に

最初に断っておきたいのは、この調査はあくまでアメリカでのものということ。アメリカではサロンで行う脱毛でも、ブラジリアンワックスが主流らしい(光脱毛は金髪など色素の薄いものには反応しないため)ので、数字をそのまま日本に当てはめることはできませんが、参考にはなります。特に、自分で脱毛している人はご注意を。

調査をしたのは、米テキサス大学泌尿器科のチャールズ・オスターブ助教授らのチーム。米国の18〜65歳の男女7580人を対象に、デリケートゾーンの処理と梅毒、ヘルペス、ヒトパピローマウイルス(HPV)などの性感染症との関連を分析しました。HPVは子宮頸がんの原因とされるウイルスです。

すると、「毎月1回以上、すべて脱毛する人」(17%)が性感染症になるリスクは「脱毛しない人」(24%)の約4倍、「毎日〜週に1回、ヘアを手入れする人」(22%)の人は約3.5倍に上昇していました。

脱毛をする人は若い人に多く、性行動が活発である傾向があるなどの要因を調整しても、脱毛する人はしない人に比べ、性感染症になるリスクが約80%も高いというのです。

自己流は危険! そのほかのトラブルも

この結果に対し、米国性感染症協会会長のデニス・フォーテンベリー医師は「HealthDay News」の取材に「脱毛する時に生じる皮膚の小さな傷から病原菌やウイルスが侵入しやすくなるためではないか」と話しています。

性感染症ほど深刻ではなくても、自己流のデリケートゾーン脱毛は、黒ずみや肌荒れ、埋没毛、毛穴にブドウ球菌などのばい菌が入ってできるニキビ状の毛嚢炎(もうのうえん)などのトラブルも起こりやすいです。

一方で、デリケートゾーンの脱毛にメリットがあるのも事実。今回の研究でも、ケジラミ症を発症するリスクが、脱毛しない人に比べ低くいことが判明しています。

頻繁に処理する人は、思い切って皮膚科やエステでプロの人に任せるのが正解かもしれません。

※研究論文は性感染症の専門誌「Sexually Transmitted Infections」(電子版)の2016年12月5日号に掲載。