「第67回NHK紅白歌合戦」の直前リハーサルに、本番の衣装で臨んだ欅坂46

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(最終日)が同日、東京・渋谷のNHKホールにて行われた。

【写真を見る】関ジャニ∞のパフォーマンスを見守るメンバーたち

デビュー曲「サイレントマジョリティー」を披露する欅坂46は、黒地に金の模様が施された衣装に身を包んで登場。肩から掛けた「大綬」は、本来特別な勲章を身に着ける際に用いるもの。これをリボン結びにし、紅白ならではの華やかさを演出している。

パフォーマンス前にはメンバーを代表し、平手友梨奈が意気込みをコメントする。

また、バックヤードの中継映像にピコ太郎が映ると、平手は画面を指差し、隣の鈴本美愉にこっそり「あっ!」。大舞台を前に、平手はリラックスしている様子だった。

12月24日・25日のワンマンライブから、28日のCOUNTDOWN JAPAN16/17でのパフォーマンス、そして29日から31日までの紅白歌合戦リハーサルと本番。想像を絶する過密スケジュールのはずだが、連日の疲れを感じさせない完璧なステージを見せた。