今年も沢山の話題作がDVDリリースされました。今日は「年末年始は忘年会やお正月で外へ出かける機会も多いけれど、家でDVDを見たりしながらのんびり過ごしたい」という方の為に、“今年、TSUTAYA店舗で最もレンタルされた映画TOP3”とおすすめ作品をご紹介しましょう!

第3位『バケモノの子』



大ヒットした細田守監督の3年ぶりの新冒険活劇です。人間界“渋谷”に住むひとりぼっちの少年九太と、バケモノ界“渋天街”に生きる、乱暴者でひとりぼっちのバケモノ熊轍。交わるはずのない二人が出会い、奇妙な師弟関係となった2人が紡ぐ感動の物語。

舞台となる渋谷を象徴するスクランブル交差点から幡ヶ谷ののどかな商店街まで、さまざまな渋谷が、なんとも緻密な描写で描かれていて、その美しさに圧倒されてしまうほど。実はこれ、渋谷区も協力してくれたそう!

そして、何より九太と熊轍との絆が生み出すドラマに涙した方が多く、老若男女の幅広い層の心に感動と勇気を与えています。
細田監督ならではの躍動感溢れるアクションシーンも健在で、男女で見られるデートムービーとしてもおすすめですよ。

第2位『ズートピア』



こちらも公開後、大ヒットロングランを果たしたディズニー・アニメーション。
動物たちが人間のように暮らす楽園を舞台に、人間顔負けの超ハイテク文明社会で、ウサギとして初の警察官になったジュディ。ひょんなことから、サギ師のキツネ、ニックとともに恐るべき陰謀に挑むアドベンチャーストーリーです。


ディズニーの魅力全開!登場する動物たちのキャラクターがとってもユニークで可愛いんです。何より主人公のウサギ警官が女の子で、体は小さいながらも持ち前の根性で大きな動物にも立ち向かっていくところは、女性の方は特に共感と勇気がもらえそう。
それに動物たちが暮らすズートピアが超ハイテクで、細かい所まで作り込まれているので、こちらも是非隅々までチェックして楽しんで。公開当時はリピーターが続出。夢を信じる事を決して忘れないジュディに男性のお客様も心を鷲掴みにされた方が多かったとか。

第1位『ジュラシック・ワールド』



大ヒットSFパニック・アクション「ジュラシック・パーク」シリーズの第4弾。コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島で新たに建設された恐竜のテーマ・パーク“ジュラシック・ワールド”を舞台に、遺伝子組み換え操作で誕生した新種の恐竜が引き起こす史上最大のパニックの行方を描きます。


14年ぶりに復活した本シリーズ、公開されるや世界中で大大ヒットで、『アバター』『タイタニック』に次ぐ全世界歴代興収第3位にランクイン、日本でも90億円を突破した超話題作。すでに続編も決定!見ておくに越したことはありません。また、本作の舞台となったイスラ・ヌブラル島は、1作目と同じ島、といったようにこれまでの作品へのオマージュが沢山散りばめられています。製作総指揮スティーヴン・スピルバーグさんが「『ジュラシック・パーク』で叶わなかった夢が遂に実現した」と語っているだけに、本シリーズの魅力が思う存分楽しめます。

最新リリースの注目作品


もう既に話題作は見ている! という方にむけて、最近リリースされたばかりのおすすめ作品もご紹介しておきましょう。

のんびり気分で楽しみたい方には……『ペット』



大ヒット作「ミニオンズ」のスタッフが贈るコメディ・アニメ。犬や猫といったお馴染みのペットたちが、飼い主が留守中に巻き起こす大冒険をハラハラワクワクで描いたアドベンチャー作品です。
これまたユニークな(ブサカワ!?)キャラクター達に癒され、物語もシンプル。ただただリラックスして楽しんで(笑)。

刺激的なストーリーにくぎ付け……『スーサイド・スクワット』



今年のハロウィンでは本作のコスチュームが大流行しましたよね!
スーパーマンやバットマンでお馴染みのDCコミックスの悪役キャラクター総出演で贈るバイオレンス・アクション超大作。世界崩壊を目前に、人類の命運を託された悪党たちが好き放題に大暴れ!ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレッド・レトーらのハジケっぷりも見ものです。刺激が欲しい方はぜひ。

――今年のレンタルTOP3とおすすめ2作をご紹介しましたが、気になる作品はみつかりましたか? DVDなら、気になるシーンを何度も見返したり、ストップさせてじっくり確認することもできるので、スクリーンの時とはまた違った楽しみ方もできますよね。

鑑賞すると新たな感動をもらったり、親戚やお友達、気にあるアノ人との話題のネタにもなりそう。もちろん他にも沢山素晴らしい作品がリリースされているのでお気に入りの1本を見つけてくださいね。
(ミカマイコ・情報提供:TSUTAYA TSITE)