「ラ・ラ・ランド」の一場面 Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

 米エンターテインメント・ウィークリー誌が、2016年の映画ベスト20を発表した。

 現在、各映画賞で注目されている「ラ・ラ・ランド」「ムーンライト」「マンチェスター・バイ・ザ・シー」がトップ3を占める一方で、マーベル作品の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」と「ドクター・ストレンジ」が食い込むという、エンタテインメント度の高いランキングとなっている。

 エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ2016年の映画ベスト20は以下の通り。

1.「ラ・ラ・ランド」
2.「ムーンライト」
3.「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
4.「ロブスター」
5.「最後の追跡」
6.「お嬢さん」
7.「ミッドナイト・スペシャル」
8.「ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ」
9.「シング・ストリート 未来へのうた」
10.「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」
11.「Chaharshanbe-soori(英題Fireworks Wednesday)」
12.「モアナと伝説の海」
13.「トゥエンティース・センチュリー・ウィメン(原題)」
14.「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」
15.「アメリカン・ハニー(原題)」
16.「エル(原題)」
17.「Toni Erdmann(原題)」
18.「インビテーション」
19.「フェンス(原題)」
20.「ドクター・ストレンジ」