「ジャニーズカウントダウン2016-2017」は12月31日夜11時45分から生中継

写真拡大

12月31日(土)放送の「ジャニーズカウントダウン2016-2017」(フジテレビ系)で行われる各グループによる「サンキューメドレー」のラインアップが決定した。

司会を担当するTOKIOは、紅白歌合戦では東京都庁前の都民広場から生中継

同番組は毎年恒例のジャニーズ事務所所属のアーティストによる年越しライブの生中継。今回は「サンキューメドレー」と題し、各アーティストがファンや視聴者、関係者など'16年を支えてくれた人たちへ今、一番贈りたい曲を選び歌う新企画だ。

デビュー曲、節目となる曲、特別な意味を持つ曲、感謝の思いをストレートに表した曲、新曲など、それぞれの心からの“サンキュー”を一挙に届ける。

また、グループの垣根を越えてアーティストが限定ユニットを組んで歌う「シャッフルメドレー」、他グループの楽曲を歌う「グループチェンジメドレー」、歴代の名曲が勢ぞろいする「ヒットソングメドレー」など盛りだくさん。

さらに'17年でデビュー10周年を迎えるHey! Say! JUMPが「Hey! Say! JUMP10周年記念メドレー」でステージをより彩る。

以下、出演アーティストによるラインナップ一覧。

TOKIO「愛!wanna be with you…」

KinKi Kids「愛のかたまり」

V6「Beautiful World」

嵐「マイガール」

タッキー&翼「夢物語」

NEWS「フルスイング」

関ジャニ∞「NOROSHI」

Hey! Say! JUMP「ウィークエンダー」

Kis-My-Ft2「Thank youじゃん!」

Sexy Zone「Sexy Zone」

A.B.C-Z「Za ABC〜5stars〜」

ジャニーズWEST「ええじゃないか」

山下智久「抱いてセニョリータ」

司会は、10年ぶり2度目となるTOKIOが務める。そんなTOKIOが番組の最後に“最もがんばったアーティスト”にMVPを授与する。

どの世代が見ても楽しむことのできる一夜限りの夢の祭典で、大切な思いを胸に'16年を締めくくり、鮮やかに'17年を迎えていただきたい。