カップルであっても、お互いに隠し事や秘密ぐらいはあるものですよね。

でも、内緒にするにしたって、男性にしてみれば「さすがにそれはやめてほしいなぁ……」と思ってしまうようなこともあります。

それは時には耐えられないほど嫌な気分になる場合も。

今回は、男性は彼女に内緒でやられると嫌な気分になってしまうことについて、いくつかご紹介します。

 

■男友達と内緒で会う

多くの男性が、彼女にやられたくないこと。

その最たるものは、やっぱり男友達と2人きりで会うというものでしょう。

これって本当に嫌な気分になります。自分という彼氏がいながら、別の男性と2人きりで会うなんて、ちょっと勘弁してほしいと思うもの。

たとえ「何もなかったよ」とか「ただ会って話しをしただけだよ」なんて言われても、100%信じることなんかできません。

事前に会うということを告知していればまだマシですが、それすらなくて事後報告なんてことになったら、もう信用していいかどうか悩んでしまいます。

実際、こういうことが浮気に発展したという事例もあります。

彼氏がいるなら、男友達と会うにしても絶対に内緒にしておくに限りますが、この手の秘密って結構バレます。やらないのが無難です。

 

■内緒で借金

次に、当たり前の話ですけど、お金に関する秘密なんていうのは、ないに限ります。

もしも自分に借金があるという場合は、正直に交際相手には伝えておくべきでしょう。

今のご時勢不景気ですから、借金があるぐらいで引いてしまう男性なんかそう多くいません。

正直に自分の借金についてあらかじめ説明しておき、その上で彼氏に対してお金の工面は一切申し込まないことを伝えておけば良いだけのことです。

しかし、これを内緒にしていると、彼氏がひょんなことから借金の事実を知ったとき、大いに失望されることとなりかねません。

お金という大事な要素についての隠し事があったなんて知ってしまったら、誰でも多少はがっかりするでしょう。

 

■内緒で性癖を暴露

信じられないことに、お酒の席なんかで盛り上がったことで、付き合っている相手の性癖を暴露してしまう人というのがたまにいます。

お酒は人をお調子者にしますから、多少は仕方がない部分もあるのですが、だとしても自分の性癖を白状するだけに留めればいいんですよね。

自分だけではなく彼氏の性癖や、サイズや持久力についてまでペチャクチャ喋っちゃうなんていうのは、もう最悪以外の何物でもありません。

飲みの席だけで終わった話になれば良いのですが、後日その話を聞いた人が、秘密を聞いた人たちにこっそり「あんなこと言われていたぞ」と密告される可能性があります。

そうなればカップル間の信頼関係はズタボロ。良いことなんかひとつもないので、やめておきましょう。

 

隠し事、内緒話が悪いというわけではありませんが、やらない方が良いことは、男女関係には色々とあるものです。

変に波風を立ててもカップルの不和を生むだけですので、控えておきましょう。

【画像】

※ Ditty_about_summer/shutterstock

【関連記事】

※ うわっ、天使かよ!男子が「ノーマークの女子」に胸キュンしちゃう瞬間

※ マジかよ…男性が二度と近づきたくないと思う「危険な女」の特徴

※ か、かわいすぎる…!お泊りデートで彼がむずきゅんする仕草

※ ゲッ…脈ナシ確定!男が「興味のない女子」によく言うフレーズ

※ あ〜、鬱陶しいな!男子が実は「面倒に感じている」彼女の行動TOP5