西日本「禅寺・瞑想スポット」ベスト8

写真拡大

「そもそも、どこでやっているかわからない」禅や瞑想に関心を抱きながらも、そんな理由であきらめるなかれ。実は全国津々浦々、参加できる会はある! 各地の正統派&変わり種スポットを一挙紹介。

■<西日本編>時には30秒、時には1年かけて、自分の心と向き合う

■1. 妙乗院(愛知県東海市)

▼名古屋駅から車で約20分。住宅街に流れる人工滝
毎月第2土曜日に滝行→写経→座禅と密教瞑想コースを提供。滝行は一人1分半程度で、毎回50名前後が参加する。「滝行をすることで、座禅を何年かしないと味わえない無の世界をたった30秒で体験。自分自身をリセットできます」(住職)。初心者は水量少なめ、上級者は水量多めの気遣いも。最近はメンタル面を鍛える目的で、企業研修が増加中だ。

■2. 林昌寺(愛知県春日井市)

▼スイーツ+座禅でお寺に親しむ
住職いわく「一般の方が寺院に親しみを持っていただく手段として」始まったお寺カフェは2016年で8年目。毎月2日間だけ土日を通して行われる。寺限定のタルト、ロールケーキ、和菓子などが人気を集め、2日で500〜600名の利用が。15時半ラストオーダーの後に座禅体験があり、つなげて利用する人も少なくない。

■3. 妙心寺如是院(京都府京都市)

▼お寺でヨーガ&プチ座禅
主催団体は「バランスヨーガ」。「今流行りのストレッチ的ではない、自分のできる範囲で身体を感じることを重視するヨーガレッスン」(代表)が約60分。それとともに住職の指導のもと、15分×2のプチ座禅も体験できる。ヨーガと聞いて女性の参加ばかりかと思いきや、夫婦やカップルも多く、男性の参加率は全体の約2割に及ぶ。

■4. 宝泉寺禅センター(京都府亀岡市)

▼京都で自分を見つめる禅修行
時間が取れない人は土日の1泊、基本は3泊4日、さらに4泊〜1年の中長期修行を受け入れる。当然、坐禅だけではなく、禅修行全体の体験が可能だ。「人生の再起をかけ、気持ちの整理にこられる参加者が多い。他の修行者との交流により『人生観を広げることができた』という感想が多々あります」(住職)。

■5. 八屋山 普門寺(広島県広島市)

▼ビジネス街で1週間の始まりと最後に
広島の中心地にあり、毛利元就にゆかりのある普門寺。月曜朝と金曜夜に開催される坐禅会はビジネス街に勤務する者も通いやすく、年間延べ1000名ほどが参加する。「街中にもかかわらず静かな環境の中、本格的な坐禅堂で座ることができます」(副住職)。ちなみに寺では精進料理塾も開催。HPでおすすめのキッチングッズを紹介している。

■6. 毎日文化センター(大阪府大阪市)

▼机上で学びつつ、椅子座禅も
人気のカルチャースクール。梅田にある大阪教室では、禅語、禅画、禅庭などに触れながら禅を学ぶ「禅へのいざない」(全6回)が2016年4月1日に、「新『正法眼蔵』を読む」(全6回)が2016年4月8日に、両講座とも椅子座禅を行った。

■7. ヨガ瞑想センター(福岡県福岡市)

▼瞑想によって経営者の資質を磨く
インドの古典ヨガであるラージャヨガを段階的に訓練し、個別に指導する。瞑想・呼吸気法のコースを展開する一方、リーダーのための「経営・瞑想塾」も開催。経営に携わる者に向けて瞑想修法を伝授し、直感力や意思力などを養うことで、リーダーとしての資質を高めていくプランだ。「経営心理コンサルティング」も併せて実施している。

■8. 芙蓉寺(鹿児島県熊毛郡)

▼屋久島でサバイバルな坐禅に挑む!
屋久島空港から約25km。携帯電話の電波が入らない地域にその寺はある。金曜夕方には山に登る1泊坐禅会が開催されるほか、最長で3カ月までの参禅修行も受けつける。内容は坐禅はもちろん、枯木を運んで薪を割って食事を作る、畑を耕す、石を運んで庭を整えるなど、相当ハード。大自然の中に飛び込んで自分を変えたいと思う人におすすめだ。

(鈴木 工=文)