改正男女雇用機会均等法が施行されて20年。当時より女性は働きやすくなったはずだけれど、働き方、そして生き方に悩みを抱える人は少なくありません。「女性が働き始めても結局家事と育児は女性負担のままだし」「私のロールモデルは一体どこにいるの?」……悩める20代・30代の女性たちから多くの支持を集めるのが、人材コンサル会社・ジョヤンテの代表である川崎貴子さんと、コラムニストの河崎環さん。お二人の対談から、その生きざまと現代を生きるための技術を学びます。

名前、年齢、身長など、いくつもの共通点がある2人のカワサキさんが、アラサー女性に伝えたいこととは? モデレーターは、プレジデントオンライン編集部の吉岡綾乃が担当。「女性が働き続けること」について、40代・団塊ジュニア世代の3人が自身の経験を交えて話し合いました。

■決断を迫られるし無駄にモテる。アラサー女子は“山越え”の時期

――プレジデントオンラインは普段男性向けの記事がほとんどなのですが、今回は特別篇。川崎貴子さんと河崎環さんというW“カワサキ”さんに、女性のキャリアをテーマに話し合っていただきます。働き続けたいと考える女性にとって、結婚や出産といったライフイベントと、キャリアをどう両立するかは非常に大きな課題です。お二人はどうやって子育てしながら働き続けてきたのか、“産まなかった”女である私が詳しくお話を聞いていこうと思います。まずは自己紹介を兼ねて、それぞれの著書『愛は技術』と『女子の生き様は顔に出る』を紹介いただけますか。

【川崎貴子(以下、川崎)】『愛は技術』はまさにアラサー女性のために書いた本です。男性のことも私たち世代のことも一切考えずに。なぜかというと、一番悩んでいるのがその世代だからです。私は女性のキャリアカウンセリングをしたり、女性役員のいない会社に入ってメンター代行やコンサルをしたりしていますが、一番悩んでいるのがこの世代なんですね。

キャリアだけじゃなくて、体とか恋愛とか結婚とかについても悩んで、あっぷあっぷしている。自分のキャパシティー以上の情報がバーッと入ってきて、全部決断しなければいけないから。女性たち一人ひとりの相談に乗ってこれまで話してきたことをコラムにまとめたのが『愛は技術』です。

――『愛は技術』は文字通り恋愛や婚活に役立つ技術論で、内容が非常に実践的かつ具体的ですよね。

【川崎】ありがとうございます。アラサー女性から質問が多かった項目を、ぎゅっと集めてみました。

【河崎環(以下、河崎)】川崎さん自身が悩みながら、イバラの道を裸足で踏みしめながらここまで来たものを書いてらっしゃる。ものすごく共感しました。

【川崎】アラサー世代って自分の人生についての決断を迫られる時期だけど、モテてしまう時期でもあるなんですよね。同世代の男性や不倫オジサマから。いろんな“山越え”をしなければいけない時期でもあって。

【河崎】さまざまな壁がやってくる、いろんな穴にハマる時期……。

【川崎】アラサーの時期って自信がないんですよね。仕事は任されるようになってきたものの、自分が納得して勝ち取ったものかというと、そうではない。会社で「君がモデルケースに」とか言われて急に抜擢されて、「えっ? 心の準備できてない!」ってなる。自信がないままタスクが多いし、周りに相談する人もいない。やはり混乱すると思うんですよね。それを解決できないかなと思って書きました。

 

■『女子の生き様は顔に出る』は“公然ストリップ状態”の一冊

【河崎】『女子の生き様は顔に出る』は、実は今日モデレーターをやっていただいている吉岡さんとの再会が出発点となった本です。吉岡さんとは、お互い中学生だった頃に演劇部の先輩後輩だったんです。私が海外にいた頃、Twitterでいろいろと気になる人を追いかけていたら、偶然吉岡さんのアカウントを見つけて。本名でやってらっしゃるし、アイコンを見て「吉岡先輩だ! 中学の頃のままじゃん!」って(笑)。うれしかったのでコンタクトを取りました。

しばらくして吉岡さんから「毎週連載で、“女性性”についてのコラムを書いてみない?」って言われたんですね。それはつまり、お互い40女になったけど、これまでどうやって生きてきた? っていうこと。「あ、私が今まで絶対に書かなかったことを書くんだ」って思いました。それまでは、“教育はこうあるべし”とか子育てとか政治経済とかについて書いてきて、どこか自分にウソをついていた。本当に書きたいものとは別に、「しっかりした河崎環」のふりをしていたところがあったんです。

【川崎】そういうところも私と環さんは似ているかも。

【河崎】毎週3000文字のコラムを書くとなると、ウソを書けなくなる。追い詰められて隠していられなくなって、公然ストリップ状態。全部自分が出ている、なんだったら粘膜まで見えているぐらいです(笑)。その連載をまとめたのが『女子の生き様は顔に出る』です。とんでもない内容の本になったんですけど、それゆえに思い入れも強い。ぜひ読んでいただきたいです。

【川崎】公然ストリップって、本当にわかる。私もずっと人材業の社長なので、恋だの愛だのっていうテーマは自分では書けなくて一切封印してました。ガチガチに、自分の中でそういう“決め事”がありましたね。個人的な相談には乗っていたけれど。それを40歳になって開き直って書いたというか(笑)。

【河崎】パブリックイメージとして「ちゃんとした人」「まっとうな人」でなければいけないというのがあって、でも隠し切れない何かが本当はある。隠し切れないなら、そこを見つめて論じていこう。そうすると意外に解放される。……されませんか?

【川崎】ですね。苦しいけれど解放されていく。私も(取締役を務める)ninoyaの社長から「このテーマで書いてくれ」と言われて戸惑ったものの、書いてみたら「なるほどもう一枚脱ぐか」って(笑)。恋愛や結婚をテーマにすると自分の事も赤裸々に書かなければいけなかったので。なので今、すごく共感しました。

 

■20年前とは変わったけれど……未だ混沌にある女性の労働環境

――お二人と私は全員、今43〜44歳。ちょうど改正男女雇用機会均等法が出た1997年頃に社会に出て、大体20年ぐらい働いてきたことになります。働き始めた頃と今と、女性が働く環境はどう変わってきたと思いますか。

【川崎】当時は就職氷河期になりかけの時期。今では考えられないぐらいの、いわゆる女性蔑視的な面接や採用枠がまかり通っていました。名だたる上場企業、日本を代表するような企業が、「君たちはお嫁さん候補として採用する」とはっきり言っていましたよね。

――男性のみの募集とか、当時は普通でしたね。女性は「総合職」「一般職」の2コースを応募時に自分で選ぶようになっていて、「一般職のみ募集」とか。「女性は実家通いのみ募集」なんていうのもよく見かけました。

【川崎】資料請求しても女性には来ないとかね。いろんな人が声を上げて血を流してくれたおかげで、だいぶ男女「平等」にはなってきた。たくさんの機会と表向きのチャンスは得られたんじゃないかと思うんです。

でもそれで女性が幸せになったかというと話は別。箱や席は用意されたけれど、そこに行くまでの教育とかロールモデルは欠けたまま、「男性と一緒に切磋琢磨しなさい」と。「私は男性部長みたいになりたくない」「こんな競争、そもそも嫌なんですけど」っていう女性たちと、「ほら、平等にしたって女性はやっぱりダメじゃん」っていう男性上司と。一部の企業を除いて、今はまだ混沌としている状態だと思います。

【河崎】私は20年前、卒業すると同時に子どもができて専業主婦になったんですね。そのときの挫折感が大きかったです。MBAを取るためにニューヨークの大学に行こうと思っていたのに、出産で諦めたから。当時、ハイキャリアを持ちながら子どもを育てている人がほとんどいなかったんですよ。支援するシステムもほぼなかった。専業主婦をやりながらぐっとんぐっとんに葛藤して、結果的に少しずつ「ちょこキャリ」という感じで仕事を始め、それが20年積もり積もって今に至ります。

(大学を卒業した頃)当時の私たちの同期は、皆、いったん社会に出ました。今も経団連企業とかで働き続けている人(女性)たちは、結婚していなかったり、子どもがいなかったり。キャリアを維持しようとする途中で、何かを諦めなければいけないことも多かった時代だったと思います。だから、いったんは大手企業に就職したけれど、結婚や出産を機に会社を辞めた人も多かった。辞めた人は専業主婦になったり、パート勤めをしていたり。ハイキャリアの道を進んでいたはずの人が、出産を機に辞めて今はパートという状況を聞くと、それが私の敗北感になるんですね。あの時代に一緒に頑張っていたあの子たちが、今そこに落ち着いているんだって。

――確かに、中高の同級生の中にも、東大や京大を出て専業主婦になっている人、それなりの人数いますね。

【河崎】もちろんそれも幸せなのかもしれない。でも、私からするとすごく悔しい。さすがに「女が外に出るのが嫌だ」とか言ってる夫は今時ほとんどいないだろうけど、それでも「ちょこキャリ」でしか始められない状況もある。非正規雇用がたくさんいて、それを女性がかぶっている現状がある。

【川崎】ワーキングマザーは「子どもにさみしい思いをさせてまで働く必要があるの?」と言われたりしてね。1つの問題じゃないんですよね。日本は、1年産休を取ったら元のレールに戻れるっていう保証もないし、「お母さんが育てるのが当たり前だよね」っていう空気は未だ蔓延している。その空気と、自分のキャリアを追求したい、自己実現したい、自分の力で家計を助けたいっていう思いのはざまで、たくさんのお母さんたちが悩んでいる。非常にもったいないなあと思います。(2に続く)

----------

川崎貴子(かわさきたかこ)
1972年生まれ。埼玉県出身。1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社・株式会社ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活躍コンサルティング事業を展開。2014年から株式会社ninoya取締役を兼任。ブログ「酒と泪と女と女」を執筆、婚活結社「魔女のサバト」を主宰。11歳と4歳の娘を持つ。 著書に『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』(ベストセラーズ)、『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』(総合法令出版)など。
河崎環(かわさきたまき)
1973年京都生まれ、神奈川県育ち。桜蔭学園中高から転勤で大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での暮らしを経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆をつづけている。子どもは、20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に『女子の生き様は顔に出る』(プレジデント社)。

----------

(プレジデントオンライン編集部 吉岡綾乃=聞き手 小川たまか(プレスラボ)=構成)