20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で派遣社員として事務の仕事をしている倉田幸恵さん(仮名・38歳)。胸まである長い黒髪に色白の肌、カジュアルながらも体のラインが出る服を好んで着ているようです。見た目は年相応ながら、服や化粧がやや若作りをしている印象を受けますが、どことなく男性が好みそうな女っぽさを感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は岐阜県で、両親に4歳年下の妹がいる4人家族です。ごく普通の裕福でも貧しくもない家庭で育ちました。両親ともどちらかというとやや過保護で、とにかく優しかったですね。激しく怒られた記憶も特にありませんでしたし、過度な期待を持たれたこともなかったです。とにかく今でも家族仲良く平和に過ごしていますね。本当に特にお話しすることがなくて申し訳ないくらいです……」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「初めて彼氏ができたのは高校1年生の時です。同じ地元の別の高校に通う同級生でした。彼と出会ったのは学校の女友達の紹介です。高校は女子高に通っていたので、友達の彼氏の友達を紹介してもらったんです。地元は女子高のほうが共学よりませている子が多くて、出会いがいっぱいあったんですよね。彼は普通の男の子といった感じで特にタイプではなかったんですが、お付き合いに興味津々な時期だったんで、すごく無理な人以外であればとにかく誰かと付き合ってみたかったんです。なんせ地元はすごい田舎だったので、遊ぶ場所も少なくて……。それに私の部活は学校がまったく力を入れていない吹奏楽部で、ほぼ自由に活動して、休んでもいい感じでしたから、とにかく毎日暇だったんですよ。紹介してもらった男の子と、何回かみんなで会った後にそのまま軽く『付き合おっか』『うん』みたいな感じで付き合うことになりました。付き合ってからはその子とべったりでずっと2人で遊んでいましたね」

付き合いだすと、どんどん重い女になっていく……。

学校以外の時間はほぼ彼と過ごしていたそうです。しかし別れはすぐに訪れてしまいます。

「彼とは学校帰りに待ち合わせて彼の家に行ったり、近くのデパートで夜までまったりしていたりと、ずっと一緒にいました。週末もどちらかの家でべったりでしたね。彼の居心地のいいところが好きだったんだと思います。でも元々タイプではなかったので、女友達の彼氏が変わって、その彼氏の男友達の中にすごいタイプの人がいて、一目惚れをしちゃったんです。すぐに彼とは別れて、もう1人の彼のことを待ち伏せたり、イベントに誘って2人で出かけたりと猛烈アタックをして付き合いだしました。彼はちょっと悪っぽい感じでしたが中身は好青年で、男子校に通う1歳年上の人でした。彼は友達との付き合いも大切にする人で、全然前の彼みたいに一緒に入られませんでしたね。それに彼が3年になってからは受験でまったく会えなくなってしまいました……。1年ほど続いていたんですが、落ち着いた付き合いとは程遠い感じですごい“好き”が募り過ぎてしまって……。どうしても寂しくて別の男友達と浮気をしてしまい、結果その人にも振られてしまいました……」

その後は都内の短大に進学しますが、付き合った男性とはずっと一緒にいるような恋愛が続きます。

「上京後は、学校で仲良くする女友達はできたんですが、どうも地元みたいな友達ができなくて……。とにかく1人の時間が寂しかったんです。なので、短大の子が主催の合コンに行きまくって彼氏を作りました。とにかく嫌じゃなかったら付き合おうと思って参加した合コンだったんですが、気に入った人がいたんですよ。彼は1歳年上の近くの大学生で、見た目は大沢たかおさんを若くした感じで、とにかく優しそうな雰囲気のする人でした。その場で意気投合して番号を交換、その後2度ほどデートをして付き合うことになりました。この彼との付き合ったきっかけは、2回目のデートの最後に彼の家に行ってそういう関係になりそうだった時に、彼女にしてくれるならと言ってOKしてくれました。彼とは最初こそずっと一緒に入られたんですが、彼はアルバイトをしていたり学校が忙しかったりで週に2度ほどしか会えませんでした。でも毎日メールで連絡はくれていたんです。なので前の時よりは、そこまで寂しさを感じることはなかったんです。でもちょっとでも返事が遅くなると心配になったりと、彼の会えない時間がとても気になるようになってしまって……」

彼のことが好きで、すべてを知りたい気持ちから、彼の寝静まった後に彼の部屋のガサ入れを行なうことも……。

彼とずっと一緒にいたい。彼のことを考えるばかりの毎日を重ねることで疑心も募り、禁じ手を使って彼の秘密を見つけてしまいます……。彼とずっと一緒にいたい。のめり込むほど重くなる恋愛重力肥大女子は〜その2〜に続きます。