手帳の色があなたの2017年を左右する!? 「上げたい運気」別・オススメの手帳カラーをご紹介

写真拡大

みなさん、来年の手帳はもう買いましたか? 最近は手帳人気もあって、工夫をこらした手帳が売り場にたくさん並んでいますよね。

手帳を買うとき、「来年はいい年にするぞ!」と決意を新たにする人も多いのではないでしょうか。未来の自分の予定を文字として刻む手帳は、自分の人生を記す書である、といっても過言ではありません。

2017年という年を飛躍の年にするためにも、手帳を通じて「色の力」を取り入れてみてはいかがでしょうか。というわけで、今回は上げたい運気別のオススメ手帳カラーをご紹介します!

【素敵な恋がしたい→ピンク系】

「結局、ピンクかよ!」という声も聞こえてきそうですが、柔らかで女性的なイメージのあるピンクは、恋愛運や美容運アップに効果てきめん。ちなみに、ドラマチックな恋をしたいならショッキングピンク、結婚を視野に入れた真剣な恋をしたいなら落ち着いたピンクベージュがおすすめです。

・ワンポイントアドバイス

ピンクは苦手……という人は、スケジュール用のシールや予定を書くペンにピンクを取り入れるだけでも効果的。

【仕事に集中したい→ブルー】

青は安定感や信頼を表し、また知的な印象を与える色。心を落ち着かせる作用もありますから、ブルーを手帳に取り入れることにより、地に足をつけて地道に努力し、冷静に分析しながら仕事を進めることができるでしょう。スケジュール管理を徹底できれば、周囲からの信頼を得られ、大きな仕事を任せてもらえるようになるはず。

・ワンポイントアドバイス

週単位・月単位の目標をメモしておくと◎。

【楽しい毎日を送りたい・夢を叶えたい→レッド】

赤は血の色ということもあり、生命力のシンボルであります。来年はもっとエネルギッシュに、24時間を有効活用して充実した1年にしたいと考えるなら、やる気の湧いてくるレッド系の手帳がオススメ。ただし、あれこれ手を広げすぎて、エネルギーが散漫になることもあります。

・ワンポイントアドバイス

手帳を使い始めるときに今年やりたいことを30個かいてみましょう

【出会いの輪を広げたい→オレンジor黄色】

太陽を思わせる、温かみのあるオレンジは対人運のアップに効果的な色。特に、人気運に強い効果をあらわし、人との出会いを広げてくれるでしょう。調和的な色なので、新しい人間関係に飛び込むときなどにもぴったりです。目立ちたい、もっと人気者になりたいという人は、オレンジよりさらに目立つ黄色がオススメです。

・ワンポイントアドバイス

キャラクターのシールやマスキングテープなどを使って、手帳を楽しい雰囲気にすると、楽しいこといっぱいの1年に

【趣味の時間を充実させたい→グリーンorブラウン】

なんだか今年は忙しすぎて疲れてしまった……来年はもっとゆとりのある時間をすごしたい、という人は、グリーンやブラウンといった自然をイメージさせる色の手帳を使うと、自分の時間を充実させることができるでしょう。。とくに、茶色は木や花を育てる大地の色なので、安定感を与えてくれます。また、緑は、植物の生命を感じさせる色で、心にやすらぎを与えるだけでなく、健康運のアップにも。

・ワンポイントアドバイス

1日にひと言ずつ、その日の振り返り日記をつけてみると、自分の本当の気持ちが見えてきそう。

【思い切って新しい自分に生まれ変わりたい→白】

「白紙に戻す」といった言葉もあるように、白はリセットの意味の強い色。また、結婚式などでも使われるように、門出の意味もあります。これまでのしがらみを断ち切り、2017年をまったく新たな気持ちで迎えたい、という人には白い手帳がオススメです。腐れ縁を断ち切って新しい恋がしたい場合は、恋愛運アップのピンクのモチーフをプラスする、転職したいなら仕事運アップの青のモチーフをプラスする……他の色と組み合わせるのも◎。

・ワンポイントアドバイス

手帳の一番最初のページに、決意を込めて1年の目標を大きく書いてみて。

【クリエイティブな才能を発揮したい→紫】

かつて、高貴な位の人が身につけていたのが紫。とても精神性の高い色で、気安く他者を寄せ付けないような印象を与えます。他人に流されずに自分らしい生き方をしたい人や、音楽や文学、芸術などの分野でクリエイティブな活躍を望む人におすすめの色です。

・ワンポイントアドバイス

気になった言葉などを普段から書き留めておくとインスピレーションの元に。

【色がもたらす影響は大きい】
色が私達の心にもたらす影響は思った以上に大きいもの。手帳は1年間のパートナーとなる道具です。色の持つ力を借りて、素敵な2017年を過ごしてくださいね。

執筆=アリエス・マタ・ハリ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む