『THE FLASH/フラッシュ』

写真拡大

2016〜2017年の秋からの放送シーズンが終了したことを受け、米TV Lineが主要5局(ABC、CBS、FOX、NBC、CW)の局ごとの全米視聴率ランキングをまとめている。この数字(レーティング)は、初回放送時と同日中に記録した数字の平均値。CWのランキングは以下の通り。

1位 『THE FLASH/フラッシュ』...1.1レーティング
2位 『SUPERGIRL/スーパーガール』...1.0レーティング
3位 『ARROW/アロー』...0.7レーティング
3位 『レジェンド・オブ・トゥモロー』...0.7レーティング
3位 『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』...0.7レーティング
6位 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』...0.4レーティング
6位 『ジェーン・ザ・ヴァージン』...0.4レーティング
8位 『Frequency』...0.3レーティング
8位 『No Tomorrow』...0.3レーティング
10位 『Crazy Ex-Girlfriend』...0.2レーティング

秋から始まったシーズン2のタイミングでCBSから"移籍"してきた『SUPERGIRL/スーパーガール』も含めた、『THE FLASH/フラッシュ』と『ARROW/アロー』『レジェンド・オブ・トゥモロー』というDCドラマ4本がそろって上位に。4作それぞれのヒーローが競演したメガ・クロスオーバーの効果もあったようだ。

ともにイケメン兄弟を主人公にした『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』と『ヴァンパイア・ダイアリーズ』がそれに続く一方、SFサスペンス映画『オーロラの彼方へ』のドラマ版『Frequency』、自由奔放な男性と慎重派の女性の出会いを描いた『No Tomorrow』という新作2本は苦戦を強いられた。(海外ドラマNAVI)