艶のあるステンレス扉が上質感のある空間を演出する(写真は、「AQR-U18F(S)ステンレスシルバー」)

写真拡大

アクアは、「COOL Stainless(クールステンレス)シリーズ」の第2弾として、インテリアやデザインにこだわる一人暮らしの人に向けた2ドア冷凍冷蔵庫「AQR‐U18F」と「AQR‐U16F」を、2017年1月10日に発売する。

中型クラスの冷凍冷蔵庫にも上質感のあるステンレス扉を採用することで、インテリアやデザインにこだわるシングル向けのラインナップを拡充。ライフスタイルにあわせて、洗練されたインテリアの一部として冷蔵庫を選びたいというニーズに応えた。

上質感のある空間を演出する、特有の艶のあるステンレス扉を採用したほか、まとめ買いやつくり置き食材の冷凍保存、バリエーション豊富な冷凍食品など冷凍庫の活用ニーズが高いシングル世帯のニーズに応えて、大容量(54リットル)のビッグフリーザーを搭載。使いやすさに配慮して、収納や取り出しがしやすい引き出し式とした。

本格的な料理が楽しめる大きめのオーブンレンジを安定して設置できるよう冷蔵庫本体の幅をワイド(52.5センチメートル)にし、耐熱100度のトップテーブルを採用。また、一人暮らしの部屋にすっきりと収まる幅で、冷蔵庫本体の高さはオーブンレンジを置いても使いやすいようローボディ設計にした。

冷蔵庫室内を明るく照らす「LED庫内灯」搭載したほか、冷蔵庫の全段に「強化ガラス棚」を採用。冷凍庫の整頓に便利な「透明フリーザーバスケット」を付けた。気になる臭いや雑菌を分解する「Agイオン除菌酵素脱臭フィルター」も採用した。

定格内容積は「AQR‐U18F」が184リットル。「AQR‐U16F」は157リットル。

オープン価格。