写真家が住み込みで被写体に 外国人労働者が住む団地の実態

ざっくり言うと

  • 東京ドーム約13個分の広さがあり、外国人労働者が多く住む愛知県の保見団地
  • 写真家が3年間住み込んでまで迫り、保見団地の写真集を発表した
  • そこに暮らす人間の強さ、自由なマインドに何よりも惹かれたと話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング