記録的な大雪が降った北海道の新千歳空港では22日から24日にかけて天候不良による飛行機の欠航が相次いだ。そのなかで一部の中国人観光客がしびれを切らし、同空港内で大暴れするトラブルが発生したと伝えられた。中国メディア・環球時報は27日、「大騒ぎ」というのは日本メディアの意図的なあおりであるとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 記録的な大雪が降った北海道の新千歳空港では22日から24日にかけて天候不良による飛行機の欠航が相次いだ。そのなかで一部の中国人観光客がしびれを切らし、同空港内で大暴れするトラブルが発生したと伝えられた。中国メディア・環球時報は27日、「大騒ぎ」というのは日本メディアの意図的なあおりであるとする記事を掲載した。

 記事は、「中国人観光客に対する日本人の心境は複雑だ。経済を救う宝と見なす一方で、一部中国人観光客の行為に嫌悪感を抱いている」、「26日、中国人観光客が再び日本メディアによる嘲笑の対象になった」とし、24日に夜に同空港で「大騒ぎ」が発生し、中国人観光客の集団が「異常な行動」をとったと日本の各メディアが報じたと伝えた。

 その詳しい内容について「出発見送りに抗議して約100人が警察と衝突して大騒ぎ」、「税関を突破しようとし、阻止にかかった警官と激しく衝突」などとされたほか、現場で静かに休んでいる日本人客らを紹介することで、中国人の「騒乱」と鮮明に対比させるものもあったことを説明した。

 そのうえで、環球時報の記者が26日に新千歳空港に電話で問い合わせたところ、「24日夜にトラブルがあったと聞いているが、情報は日本メディアから得たもの」との回答があったと紹介。その後千歳警察署に連絡したところ、やはりトラブルの発生は認めたものの、「大騒ぎ」だったかどうかは明言しなかったと伝えた。さらに、情報筋の話として「大騒ぎは存在しなかった。一部メディアが喜んで煽り立てている可能性が否定できない」としている。

 記事は、札幌の中国領事館が「キャセイパシフィック便が4便出発できなくなり、主に香港やマカオの同胞500人余りが空港に残された」、「同じく出発できなかった中国東方航空、中国国際航空、大韓航空の便が続々と出発するなかで、もともと遅い便だったキャセイだけが残ってしまった」と説明したことも紹介。トラブル発生翌日の25日夜にはすべての便が出発したと伝えた。

 規模の大小は別として、そしてその伝え方はともかくとして、同空港内でトラブルが発生したことは事実のようだ。予定していた便が飛ばないことに対する焦りやいら立ちは理解できるが、やはり自制は必要だろう。そして、空港や航空会社も悪天候による大規模な遅延や欠航発生時の対応を再確認する契機にすべきだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)