【箱根駅伝】シード権争い中のアンカーが“大胆”にコースを間違える!! 「寺田交差点」はなぜ生まれた?

写真拡大

まもなく終わる2016年。年が明けるとまず注目したいのが、箱根駅伝ですよね。様々な名シーンが生まれた同大会のなかで、2011年のアレを覚えていますか?

そう、「寺田交差点」です。

物語の主人公は、國學院大の1年生アンカー・寺田夏生さん。これは、2011年大会のシード権争いでの出来事でした。この年のシード権争いは混戦模様。

【箱根駅伝】どんな選手が適任!? 駒澤大学黄金期を支えた二人に「2017年の期待」を聞いてみた

8位の城西大から13位の山梨学院大までの差は、わずか1分9秒というタイトな差であり、そんな中、寺田さんは11位で襷を受け取りました。他にも、帝京大、日本体育大、青山学院大が、3つの枠のシード権を争っていました。

1年生ながらアンカーをつとめた寺田さん。その粘りが買われての大役にあった走りを見せます。11位から8位まで順位をあげることに成功。その間、帝京大・山梨学院大が脱落して実質4大学でのシード権争いに。

ただ、残された4大学はだんご状態で走ることに。「このまま混戦は避けたい」と監督はロングスパートの指示を出していたと、書籍『箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉』で明かされています。

監督が大声をあげて、スパートを指示……、するも、一向にスピードをあげない寺田さん。その時の寺田さんの心境はこうです。

監督が何か言っているのはわかっていたんですが、どの学校の監督さんも怒鳴っているので、どれがどれだかわからなかったんです。しかも沿道の声援がすごくて、自分はもう、ゴール前の勝負でいいやと思っていたんです

出典(箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉)

普段はテレビでしか見ていない箱根駅伝ですが、実際にランナー目線になると、監督の声が聞こえないくらいに、沿道の声援を受けているんですね。また、どこの監督も怒鳴っているとは、なかなか臨場感のあるお話です。

そして、寺田さんは、走っている最中に、自分は何位なのかわからなくなってしまったそう。ですので、残された4大学の中で1番に入ればシード権が獲得できるだろうと割り切ったのです。

「4人の中で先頭になってゴールする」

その狙いが、「寺田交差点」を生むことに。

ゴール間近となり、スパートの開始です。目指すべきゴール地点より120m手前でテレビ中継車が右折。これが寺田さんの“きっかけ”となりました。

スピードをグンッと上げた寺田さん。狙い通りのスパートが決まり、周囲を引き離したかのように、まわりに気配を感じなくなりました。

……が、しかし、それは振り切ったのではなく、道を間違ったから。

なんと、寺田さんは中継車を追ってコースを間違えてしまったのです。

『あのときは、真面目に終わったと思いましたよ。』と、あとでふり返った寺田さんは、懸命に他の3人に追いつこうとしたが、その間にも『下見だけじゃわかんないよ、中継車だって曲がったよ』と、どこに怒りをぶつけていいのやら、必至に走った

出典(箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉)

コースを間違えた寺田さん。順位は、当然11位に後退。その差は30mもついてしまいました。必至になって再度、スパートをしかけます。

そんな寺田さんにとって幸運が2つありました。一つは、目の前を走る10位の城西大の選手が疲れていたこと。そして、もう一つは、追い抜くには十分な距離が残されていたこと。

走って、走って、走って、城西大をとらえた寺田さん。なんとかそのままゴールに流れ込み、無事、シード権を獲得したのです。漏らした言葉は、「危ねえ」。道を間違えながらも、見事に挽回するとは、なかなか逞しい1年生ランナーですね。

誰もが想像していなかった結末を迎えた2011年のシード権争い。この間違いが生じた交差点は、いつしか「寺田交差点」と呼ばれるようになりました。

こういった“まさか”が起こるのが、箱根駅伝の魅力なのかもしれませんね。さて、今回はどのようなドラマが生まれるのでしょうか。今から楽しみでなりません。