小さいお子さんから小中高校生のお子さんを持つお母さん、いつも子どもの思い出をアルバムにしていますか? なに気ない日常から家族旅行や運動会や発表会などの行事の写真、撮るのは簡単だけれどどんどん溜まっていくのがデータです。さらにいざ、印刷しようとしても写真が多すぎて選びきれず結局先延ばし……。そんな方にピッタリのアルバムを作るコツをご紹介していきます。

子どもの成長をまとめる4つのコツ

1 … データを1か所にまとめる

今はデジカメだけでなくスマホやタブレットなどいろいろなカメラがあり、データも散らばりがちです。散らばってしまうと印刷せずにそのままにしてしまったり、結局どのカメラになんの写真があるか把握できなくなることもしばしば。そこで、おすすめなのがデータをパソコンの1か所にまとめること。そうすれば、写真の整理・選別が楽になります。さらにパソコンが使えなくなったときに備えてハードディスクなどに保存しておくと安心ですね。

2 … フォルダにわければ一目でわかる

パソコンに保存した写真のデータを撮影日順に並び替えると写真選びがグッと楽になります。写真の枚数が多いご家庭は月別のフォルダに保存するのがおすすめです。「●年●月家族旅行」「●年●月運動会」などと各フォルダにわけることで目的の写真を探しやすくなりますね。フォルダ分けは一気に行うと大変なので少しずつ進めていきましょう。

3 … アルバムに使う写真の枚数を先に決める

長期間アルバムを作っていないうえに、過去の写真がたくさんあって選びきれない・印刷しきれない……という方は、先にアルバムを購入し、そのアルバムに入る枚数をだいたい把握してから写真選びをすることで選ぶ時間も短縮され、とても楽になります。
また、今後は1か月20枚まで……などと決めておくことで新しい写真も選びやすく、整理が楽になりますよ。私はこの方法で今までの溜めてしまったぶんのアルバムをスムーズに作ることができました。

4 … 選ぶ基準は「いつもの表情」で選ぶ!

データを整理するときや印刷の写真を選ぶさいに、同じような写真が何枚もあるときは、笑顔以外にも注目してみましょう。いつも子どもがよくする表情や仕草が雰囲気として出ているものを選ぶと、あとで見返したときにいい思い出になります。
逆に面白いポーズや普段と違った一面のものもそのなかから数枚セレクトするのもいいですね。

撮るのは楽しいものの写真の整理は後回しになりがちです。これからは毎月一日でもデータ整理の時間を設けるとアルバム作りがスムーズになり、子どもの成長を楽しみながら保管することができますよ。