強い筆圧でも芯が折れにくい

写真拡大

パイロットコーポレーションは、ボディ内部の2つのスプリングで芯が折れにくく軽快な筆記が特長の「アクティブサスペンション」機構を搭載したシャープペンシル「モーグルエアー」を2017年1月6日に発売する。

芯が「潜る」機構で折れにくく「モーグル」のように滑らかに

筆圧がかかるとペン先が「潜る」ことで、ガイドパイプが芯折れを防ぐ。筆記に必要な長さの芯は出るため、ガイドパイプ先端と紙面は擦れずスムーズに書ける。

芯の繰り出しは一般的なノック式のほか、同社独自の「フレフレ」機構も搭載。ペン本体を振るだけで芯を送り出せるため持ち替えが不要で、思考を邪魔することなく連続して筆記できる。

商品名は、衝撃を吸収しつつ滑るスキー競技「モーグル」とをかけた。ボディカラーは男性をターゲットとしたブラック、ブルー、ホワイトと、女性向けのピンク、バイオレット、アイスブルーの計6色をラインアップ。

価格は500円(税抜)。