中国国防部の楊宇軍報道官は29日の定例記者会見で、空母「遼寧」艦隊の訓練などについて質問に答えた。写真は遼寧号。

写真拡大

中国国防部の楊宇軍(ヤン・ユージュン)報道官は29日の定例記者会見で、空母「遼寧」艦隊の訓練などについて質問に答えた。

楊報道官は「今回の『遼寧』艦隊の訓練は年度計画内の通常の訓練だ。西太平洋の関係海域も、他の近海海域も含む。具体的な訓練状況については、関係当局が適時に発表する」と述べた。

また、「関係方面の活動は艦隊の正常な航行と訓練に影響を与えない」と指摘。今回の訓練が『遼寧』がすでに戦力を形成したことを意味するかどうかとの質問に、楊報道官は「戦力は武装力が作戦任務を遂行する能力を指す。戦力の強弱は人員と武器・装備の数量と質、体制・編成の科学化の程度、指揮と管理の水準、各種支援能力、軍事理論と訓練の状況などによる。どの部隊であれ、軍事訓練によって戦力を高める必要がある。戦力の水準は最終的に実戦によって検証されなければならない」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)