あなたのことを幸せにしてくれる男性、幸せにしてくれない男性――どちらとお付き合いしたいですか? こう聞かれたら「そんなの、幸せにしてくれる男性がいいに決まってる!」と思うはず。今回は“あなたのことを幸せにできない男性”をタイプ別にみていくことにしましょう。
……こんな男性、あなたのまわりにいませんか?

1: プレゼントが多い男性

たくさんプレゼントをしてくれる男性は、とてもリッチなように感じますが、稼いだら稼いだ分だけ使い切ってしまう、計画性がないタイプかもしれません。
たとえひとつひとつがとくに高価なプレゼントではないとしても、回数が多ければそれだけ金額がかさみます。それが高価なプレゼントなら、なおさら!

2: 私物を雑に扱う

「私物なのだから構わないだろう」と言って、物を乱暴に扱う男性も要注意! 物を乱暴に扱う人は、人の扱いも同じように雑である可能性があります。釣った魚に餌をやらない――そんなのイヤですもんね!

3: 思い通りにならないと怒る

自分の思い通りにならないことがあると怒る男性は、もしかしたら亭主関白な束縛タイプかも! 亭主関白なだけならまだイイのですが、束縛が激しいとなれば話は別です。最悪の場合、デートDVに発展する可能性も捨てきれません。そう考えるといつでも穏やかで優しい男性というのは、それだけで魅力的に感じてしまいますね〜。

4: グレーゾーンの中立的ポジションが好き

自分だけいつもグレーゾーン(安全パイ)にいて、なにを聞いても「うーん、どうしようかね?」なんて答えばかりの男性も要注意!
いっこうに答えを出そうとしない男性は、イマイチ決断力と判断力に欠けていることが多く、それがどんなに重大なコト(結婚や転職など)だとしても決断に時間をかける傾向が見られます。厳しい社会の荒波を乗り越えるなら、素早い決断力を必要とするときが必ずやってきます。中立的な立場を死守することが、ウィークポイントにならないとは言い切れないのです。

5: プライベートタイムを邪魔する

いくら大好きな人だとしても、いつも一緒にいるというのでは息が詰まってしまいます。実はひとりで過ごす時間というのも、毎日を充実させるためにはとても大切なのです。筆者の知り合いの女性は「プライベートタイムを邪魔してくる男性と付き合っていたときは、まるで監視されているような錯覚に陥った」と言っていました。監視下に置かれているような状態というのは、いくら愛されているとしても不満が溜まってしまいそうです。

いかがでしたか? あなたを幸せにしてくれるステキな男性と、素晴らしい恋ができるといいですね。陰ながら、応援しています!