「第67回NHK紅白歌合戦」で、嵐は大トリを務める

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合で生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(3日目)が12月30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。

【必見】今年の紅白のみどころを一挙紹介!全30枚

8回目の出場にして初めて大トリを務める嵐は、白いジャケットに身を包んで登場。デビュー曲「A・RA・SHI」、二宮和也と櫻井翔が出演したドラマ「山田太郎ものがたり」(TBS系)の主題歌「Happiness」、松本潤が出演した映画「花より男子F(ファイナル)」の主題歌「One Love」をメドレーで披露した。

前日に行われた会見で、松本が「僕らの分かりやすい曲、僕たちがずっと歌ってきた曲をやらせていただきます」と予告していた通り、人気ヒット曲ばかりを集めた今回のメドレー。

「Happiness」では大規模なプロジェクションマッピングに映された5色の道を、5人が走っていくような演出も。紙吹雪や光沢テープもふんだんに使った、大トリにふさわしい華やかなステージとなっている。

パフォーマンス後には「One Love」でセンターを務めた相葉雅紀のみを残して、残りのメンバーは後方へ。時折相葉の後ろ姿に目をやりながら、楽しげに談笑していた。

また、同日に行った星野源のリハーサルでは、司会者の相葉がほぼ完璧な「恋ダンス」を見せていた他、大竹しのぶの応援として松本も登場。相葉に「松本潤さんです」と紹介されると、松本は照れくさそうにはにかみ、それに気付いた相葉も照れ隠しか、とっさにうつむいていた。