中国外交部の華春瑩報道官は29日の定例記者会見で、米側が台湾の蔡英文総統の「国境通過」を認めないことを望むと述べた。写真は蔡総統。

写真拡大

中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は29日の定例記者会見で、米側が台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統の「国境通過」を認めないことを望むと述べた。

記者からの「台湾外務当局によると、蔡英文氏は中南米に向かう途中で米国を通過する。これについてコメントは」との質問に対し、華報道官は「『1つの中国』の原則は国際社会の一致した共通認識であり、われわれが台湾の対外交流問題を扱う上での一貫した原則でもある。関係国が台湾関連の問題を慎重に処理することを望む。われわれは米側が『1つの中国』政策と米中間の3つの共同コミュニケの原則を順守し、台湾地区の指導者である蔡英文氏の『国境通過』を認めず、『台湾独立』勢力にいかなる誤ったシグナルも発せず、実際の行動によって米中関係の大局と台湾海峡の平和・安定を維持することを希望する」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)