サウナの「裸の付き合い」がいい?

写真拡大

湯船にゆったり浸かる風呂が好きな日本人には、いまひとつ人気がないサウナ。以前からダイエット効果が期待できるとされてきたが、最近、サウナに頻繁に入ると認知症の予防につながるという研究がまとまった。

この驚きの報告を発表したのは東フィンランド大学の研究チームだ。英オックスフォード大学の老年学専門誌「Age and Ageing」(電子版)の2016年12月7日号に発表した。

週に4~7回入るとアルツハイマー病が65%減だが

研究を報道した科学ニュースサイト「Science Daily」(12月16日付)と医療ニュースサイト「Medical Express」(同)によると、研究チームは42〜60歳の健康な男性2315人を対象に、サウナに入浴する頻度と認知症の発症リスクの関係を約20年間に追跡調査した。対象者を、(1)1週間に1回以下しかサウナに入らない人(2)1週間に2〜3回入る人(3)1週間に4〜7回入る人、の3つのグループに分け発症リスクを比較した。調査期間中に204人が認知障害、123人がアルツハイマー病と診断された。その結果、次のことが明らかになった。

(1)週4〜7回のサウナ浴の人は、週1回以下の人に比べ、認知障害になるリスクは66%低く、アルツハイマー病になるリスクは65%低かった。
(2)週2〜3回のサウナ浴の人は、週1回以下の人に比べ、認知障害になるリスクは22%低く、アルツハイマー病になるリスクは20%低かった。

つまり、サウナに入る回数が多い人ほど認知症になりにくいというわけだ。研究チームでは「サウナ入浴と記憶疾患とを結びつけるメカニズムがあることが確認できたが、その解明にはさらなる研究が必要である」とコメントしている。ただ、「Science Daily」の取材に対し、研究リーダーのヤリ・ロッカネン博士はこう語っている。

「これまでの研究では、頻繁にサウナに入ると、血流がよくなり、心臓突然死のリスクやほかの冠状動脈疾患の危険性を下げることが明らかになっています。同様に、サウナはまだ知られていないメカニズムによって、心臓血管の健康と脳によい影響を与えるのかもしれません。また、サウナ入浴中に経験する幸福感やリラクゼーションが重要な役割を果たしているのかもしれません」

人口570万人に300万サウナ浴場の「特殊事情」

ところで、「Science Daily」の次のようなユーザー・コメントを見ると、今回の研究に疑問を向ける意見が目につく。フィンランドがサウナの発祥地であり、人口約570万人の国内に約300万か所ものサウナ浴場がある「特殊事情」をこの論文が反映していないというのだ。

「まず、収入・学歴・社会的地位で比較してほしかった。それらの要因は認知症と関連しているし、そのことがサウナの利用率とつながりがあるかもしれない」
「社会から離脱した人が認知症になりやすいことは明白だ。各家庭にサウナがあり、サウナ浴場が社交場としても使われている国だから、血流がどうのこうのよりも、社会に溶け込めない人の問題だ」
「いや、みんなフィンランドのサウナについて誤解している。友だちと話す場所にも使われるが、たいてい1人で沈思する場所だよ」

......と、もっぱらサウナ事情に議論が盛り上がる。

東京都港区南麻布にある駐日フィンランド大使館には、建物の中にサウナ浴場があり、訪れた人々と大使館職員が一緒にサウナに入り、「サウナ外交」をしている。実際にサウナに招かれた人のブログ「フィンランドが好きだから」(2015年7月17日付)を見ると――(要約抜粋)。

「昨夜はフィンランド大使館の『サウナ外交』にお招き頂きました。今回は『食』に関する仕事をしている面々のみで、しかも女性限定(編集部注:フィンランドのサウナは水着を着た男女の混浴が普通)。さながらレディースサウナナイトです。イクメンの報道担当参事官(男性)の『乾杯!』で盛り上がった後、サウナ室に入ります」
「女5人、いろいろな話をしながら滝汗をかき、楽しく貴重な時間を過ごすことができました。大使館職員の方以外は皆さん初対面ですが、サウナの中ではそんなこと関係ありません。『熱波〜』と爆笑しながらフィンランドの話、食べ物の話で大いに盛り上がりました。日本にも『裸の付き合い』という言葉がありますが、まさにそれです。サウナの後にはフィンランド料理もふるまわれ、大満足の『フィンランドの夜』になりました」

確かにこれだけサウナが楽しければ、認知症に効果があるかもネ?