人気アーティストが総出動!コンサートのような「2016 KBS歌謡大祝祭」の華やかなステージに視線釘付け(総合)

写真拡大 (全2枚)

240分間1つのコンサートを観覧したような気分だ。充実したステージだった。細かく準備して放送事故を防いだ経験をもとに、「KBS歌謡大祝祭」チームの徹底した準備をうかがい知ることができた。

29日午後8時30分から日付が変わった深夜12時30分まで、ソウル汝矣島(ヨイド) KBSホールで「2016 KBS歌謡大祝祭」が生放送で中継された。

この日、グループTWICE、I.O.I、Red Velvet、LABOUM、ASTRO、UP10TION、OH MY GIRL、宇宙少女、NCT DREAM、チョン・イングォン、オム・ジョンファ、神話(SHINHWA)、Davichi、ファン・チヨル、少女時代のテヨン、SHINee、INFINITE、CNBLUE、Apinkのチョン・ウンジ、EXO、B.A.P、BTOB、VIXX、EXID、AOA、防弾少年団、ハン・ドングン、GOT7、MAMAMOO、MONSTA X、SEVENTEENなど、人気歌手たちが総出動し、お祭りムードを完成させた。

第1部はガールズグループとボーイズグループのクロスオーバー&コラボで飾られ、第2部はINFINITE、TWICE、B.A.Pなどそれぞれのグループのヒット曲が披露された。もちろん合間の特級コラボステージも欠かせない観覧ポイントだった。

NCT DREAMからAOA、Davichi、ファン・チヨル、GFRIEND、INFINITE、少女時代のテヨン、ハン・ドングン、GOT7、オム・ジョンファ、防弾少年団、TWICE、EXO、SHINee、チョン・イングォンらのステージが客席を埋め尽くしたファンと呼吸しながら相乗効果を生み出した。