RaNia「BP RANIA」にグループ名を変更…新メンバー加入&元年メンバーの再合流で活動スタート

写真拡大 (全2枚)

30日、RaNiaの所属事務所は「以前のアルバムで活動したヘミ、スルジ、アレクサンドラを中心にグループを構成した。元年メンバーのサムが再合流し、新しいメンバータボ、ジウン、ユミンを迎え入れた。グループ名も『BP RANIA』に変えて跳躍を夢見ている」と明かした。

BP RANIAの“BP”はブラック・パールという意味を盛り込んでいる。グループを大切な存在として引き立たせるための意味を加えたのだ。

黒人ラッパーのアレクサンドラを筆頭にメインボーカルへミ、成熟して帰ってきたジユ(スルジ)、中国人メンバーのタボ、モデル出身のユミン、長い練習生生活を経たジウンなどが7人組のBP RANIAとして生まれ変わる見通しだ。

ニューアルバム「Start a Fire」にはダブルタイトル曲を含めた計4曲が収録された。タイトル曲「Start a Fire」はレトロ風のポップダンスヒップホップ曲で、自身に執着する男に対する女の警告を歌詞に表現した。もう一つのタイトル曲「Make Me ah」は映画「The Fate of the Furios」のOST(劇中歌) 「My Angel」を手がけた作曲家が参加した。

所属事務所の関係者は「韓国の歌手としては初めてスペイン会社『Ingeniomedia』を通じて60〜70ヶ国に同時音源サービスを開始する。世界に活動開始を知らせることになるだろう」と説明した。

BP RANIAは30日に音源およびミュージックビデオを公開した後、2017年1月から本格的な活動をスタートする。