7年越しの愛を描く映画「ぼくごは」ヒロイン! 新木優子が意外な「恋」のエピソードを語る!!

写真拡大

 

 

瀬尾まいこさんのロングセラー恋愛小説、「僕らのごはんは明日で待ってる」が映画化!

2017年1月7日(土)より全国公開されます。

 

「ぼくごは」の愛称で親しまれるこの作品は、無口な草食男子と、明るくはきはきした女のコという正反対な性格の2人による青春ラブストーリー。

 

【web】発表用写真新木1ショット

 

主演の亮太を演じたのは、意外にもラブストーリー初挑戦となる、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さん。

ヒロインの小春を演じたのはモデルで女優、8代目ゼクシィCMガールとしても注目を集める新木優子さん。

 

2人は高校生の時に出会い、付き合い始めるのですが、大学生になったある日突然、小春は亮太に別れを告げます。

 

実は小春には、亮太のことが大好きだからこそ言えない秘密を抱えていました。

 

そして社会人になったある日、亮太はその秘密を知ることに…。

 

出会いから7年を経て、2人の恋が再び動き始めます――!

 

 

 

109ニュースはヒロインを演じた新木優子さんに直撃インタビュー!

ラブストーリーだけに「恋」についてもお話をうかがってきました。

意外すぎるエピソードも明らかに…!

 

それではどうぞ!!

 

 

 

――今回はラブストーリーのヒロインということでしたが、相手役の中島裕翔さんの印象はいかがでしたか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「本読みで最初にお会いしたときは壁を感じた瞬間があったんですが(笑)、あとあと人見知りな方だということがわかりました。衣装合わせのときに、これから一緒にやっていくチームだな、とみなさんを人間観察する中で、わりと中島さんと笑うタイミングが同じだったりしたので、あ、うまくやっていけそう!って思ったのを覚えています。実際、気さくで優しくてすごくレディファーストな方で、現場ではたくさん笑わせていただいたり、助けてもらってばかりでした」

 

 

――そんな中島さん演じる無口な亮太に対して、新木さん演じる小春は観ていてスカッとするくらいはっきりと自分の意見を言うコでしたが、どんな役作りをされましたか?

 

「僕らのごはんは明日で待ってる」メイキング写真2

 

「監督から、演じるよりも自分の中にいる小春を、どんなに小さくてもいいから探して、虫眼鏡で拡大してほしい、共通点を探してほしいと言われたんです。なので演じたというより、小春に寄り添って生きた、という感覚です。明るいところやポジティブなところなど、基本的な性格は共感できたのでよかったです」

 

 

――新木さんが思ういちばんの胸キュンシーンを教えてください!

 

「部屋でお互いに触れ合うシーンです。この作品はラブストーリーではあるけれど、恋人らしいシーンはあまりなくて。あからさまに好き合ってるシーンがないからこそ、ちゃんと2人が想い合っているのが伝わってくるので、キュンとしました」

 

 

――距離感もグッと縮まったところで、小春は秘密を抱えることに。亮太を想い「家族に反対されているから」と話して身を引くことになります。新木さんならこの選択はできますか? また、実際に恋を家族に反対されてしまったらどうしますか?

 

「僕らのごはんは明日で待ってる」場面写真メイン

 

「大きなものをひとりで抱えようとする小春は強いなと思います。私だったら相手に一緒に背負ってもらいたいと思ってしまいますね。家族に恋を反対されたら…私なら逃げちゃう(笑)! これまで生きてきて、時間が解決してくれることって意外と多いなと感じるんです。なので、しばらく姿を消して時間が経てば、反対していた感情などが薄れて、認めてくれるんじゃないかと思います」

 

 

――逆に小春ちゃんと共通点を感じた部分はありますか?

 

「私は中学時代に2年間ずっと好きだった人がいて、実は片思いの間に3回ほど告白してるんです! バレンタインも、相手にチョコを押しつける! みたいな(笑)。結果もフラれたんですけど(笑)。小春も実は中学時代から亮太に思いを寄せていて、劇中で1度フラれたときは、親近感がわいて嬉しかったですね(笑)」

 

 

――同じ人に3回告白!? めげない気持ちはどこから…?

 

「当時は少女漫画にハマっていたこともあって、恋はうまくいくもの、と思い込んでました(笑)。今の私ならあきらめてますね(笑)。でも、今回の映画を通してあらためて、日常におけることに『当たり前』はないんだと思ったんです。今、目の前にいる人や隣りにいる人だって、少しでも誰かが違う選択をしていたらそこにはいませんから。何事も当たり前だと思って、その奇跡を逃さないようにしていきたいし、もし告白しようか迷っている人がいれば、頑張って伝えてほしいなと思います!」

 

 

――その通りですね! バレンタインデーや卒業式に告白を予定している人など、ぜひこのメッセージを胸に頑張ってほしいです!

さて、この作品はタイトルに「ごはん」と入っているように、日常では当たり前のようなごはんのシーンが丁寧に映し出されていますが、新木さんがいちばん白いご飯に合うと思うものは?

 

「僕らのごはんは明日で待ってる」サブ画像

 

「銀だらの西京焼き♡ 西京焼きのあの味が好きなんです。銀だらの西京焼きで美味しくないものを食べたことがないですし(笑)。そもそも食べることは大好きで、普段からチョコや和菓子など甘いものもよく食べます」

 

 

――ぜひスタイルキープ方法を教えてください!

 

「1度にたくさん食べすぎないこと。一気に食べると体に負担がかかるので、ちょっとお腹が空いたなと思ったときにチョコを食べるとか。合間にこまごまと食べるようにしています。でもおやつは食べるようにしてるんです♡ ストレスがいちばんよくないと思うので!」

 

 

 

――劇中では高校生役も演じていて、すっぴんの美しさも印象的でした。美肌キープ方法を教えてください!

 

「僕らのごはんは明日で待ってる」場面写真(高校時代)

 

「すっぴんがキレイというのは、自分の永遠のテーマでもあるのですごく嬉しいです。私はとにかく保湿を大切にしています。たとえばお風呂からあがったら、すぐにパックをしてからドライヤータイムに。ドライヤーの時間は乾燥するので注意です! そのあと、化粧水を塗って、オイルを塗って、最後に乳液でフタをする、これは絶対。冬は撮影現場にも化粧水をミストとして使えるボトルにうつして持ち歩いたりします。こまめに保湿、いちに保湿です!」

 

 

 

――最後に、モデルとしても活躍する新木さんですが、この冬気になっているファッションを教えてください!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「チェック柄に注目していて、いろんなチェック柄のアイテムを集めたいです。あと、ゆるずるシルエットが流行ったと思うので、逆にこの冬は引き締めていきたいなと思っています。ぴったりしたタイトな洋服を集めています」

 

 

 

映画のことから、恋、美容、ファッションと女子の大好きなテーマについてたっぷり語ってくれた新木優子さん。

凛とした雰囲気で内側から美のオーラを感じさせる方でした!

 

 

そんな新木さんがヒロインをつとめる「ぼくごは」。

心がじんわ〜り温まる、まさに冬にぴったりな作品です!

ぜひみんなで劇場に足を運んで、ほっこり温まってください♡

 

 

 

「僕らのごはんは明日で待ってる」

2017年1月7日(土)全国ロードショー

©2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

公式サイト:http://bokugoha.com/

 

スタイリスト/松尾正美

ヘアメイク/犬木 愛(Agee)