大納会12月30日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比30円77銭安の1万9114円37銭で今年最後の取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

 大納会12月30日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比30円77銭安の1万9114円37銭で今年最後の取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、日経平均は依然、米国株やドル/円の影響を受けやすい地合いといいます。

 米国の12月シカゴ購買部協会景気指数が今夜、12月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数が1月3日に発表予定。また1月1日と2日には中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が発表されます。

 八代さんは「それらの結果にダウ工業株30種平均など米国の主要株価指数やドル/円が反応する可能性も。米国株やドル/円が大きく動けば、年明け4日の日経平均に影響を与えるかもしれません」と話しています。

(オトナンサー編集部)