自らのニックネームを冠した「チュウブYAJINスタジアム」にて

写真拡大 (全2枚)

 サッカー元日本代表の岡野雅行(44)と聞けば、鮮烈な記憶が蘇ってくるサッカーファンも多いだろう。

“野人”のニックネームを持ち、カズ(三浦和良)やゴン(中山雅史)、ヒデ(中田英寿)ら錚々たるメンバーと日の丸を背負ってピッチに立った。そして、1997年のフランスW杯予選では、日本を初めて本戦出場に導く決勝Vゴールを決めた。その快挙は、試合が行われた地名から〈ジョホールバルの歓喜〉と名付けられ、伝説になっている。

 あれから18年──。日本中を熱狂の渦に巻き込んだ野人・岡野はいま、日本一人口の少ない山陰地方の鳥取県に住む。現役最後の所属チーム、J3リーグ「ガイナーレ鳥取」のGM(ゼネラルマネジャー)として、3年前よりスポンサー集めの営業活動やチームのPRで東奔西走の日々を送っているのだ。

「GMといってもカッコイイもんじゃありませんよ。ウチは大企業のスポンサーがついているわけではなく、フロントを含めたスタッフも少人数で運営しているので、とにかく皆で動き回るしかない。特に僕はチームの広告塔なので、パソコンの前に座っていてもチームにかける情熱は何も伝わらないんです」

 と岡野はいう。一時は債務超過に陥るほど経営難に陥ったガイナーレだが、いまでは地元企業を中心に全国130社以上の支援を獲得するまでになった。岡野のスポンサー回りは県をまたいで1日4社の過密スケジュールも珍しくない。

「移動のクルマを途中で乗り捨てて電車に飛び乗ったり、満員電車のトイレの前で駅弁をかきこんだり……。夜は夜で地元企業の社長さんとお酒を飲んで、気が付けば日付が変わっていることもしょっちゅうあります。

 正直、休みらしい休みは取れていませんが、選手時代には決して出会わなかったような人たちと交流できますし、クラブ経営に関わるビジネスの現場では勉強することもたくさんあるので、毎日充実してます」

 取材当日は地元の鳥取県赤十字血液センターへ年末の挨拶回り。若者の献血離れが顕著になる中、岡野はガイナーレ鳥取のPRも兼ね、献血の大切さを広く訴えてきたという。今年4月には同センターの新人研修で特別講演も買って出た。

「岡野GMのおかげもあり、鳥取は人口も少ないのに高い献血率を上げています」と感謝する担当者に、「これからも僕にできる事があれば何でも言ってください!」と威勢よく応える岡野。まさに〈ガイナーレ魂を表現し、地域の人々と感動を共有する〉という地域密着を柱とするチーム理念の真髄を見た。

 だが、岡野の営業スタイルが板についてきたのは、ここ最近のことだ。仕事着がユニフォームからスーツに替わったばかりの頃は、自由奔放な野人のイメージそのままに、営業先から心ない言葉も浴びせられた。〈岡野さんって、あいさつできるんですね〉〈チームは弱いし、どうせすぐ辞めちゃうんでしょ?〉──そんな屈辱もバネに岡野は笑い飛ばしてきた。

「もともとクヨクヨしない性格なんですが、逆境の時こそ絶対に人のせいや環境のせいにして諦めたくない。何とかなるでしょと前向きに考えて、イヤな事があっても、たばこを吸ってお酒を飲んで一晩で発散するようにしています。

 選手時代には不遇な目にもたくさん遭ってきましたからね。だから、弱い人に対する思いやりも忘れたくない。疲れていたり落ち込んでいたりする選手やスタッフを見たら、わざとちょっかいを出して、笑いで場を盛り上げてしまうんです」

 実は、酒やたばこは現役時代から欠かせない岡野の息抜き法であり、大事なコミュニケーションツールでもあった。

 かつてはチームメイトと深酒をして羽目を外すこともあったと打ち明けるが、「いまは組織を背負っている責任感からか、どんなに遅くまで飲んでも翌日の営業はシャキッとしている」(SC鳥取の営業担当者)という。

 浦和レッズ時代からチームメイトだったガイナーレ強化部長の吉野智行も、「浦和時代の岡さんは本当に朝が弱くて、どんなに叩き起こしても起きなかったのに……。いま、朝から営業に出掛けていく姿を見ると、頭が下がります」と、GM就任以降の岡野氏の変身ぶりに舌を巻く。

 その反面、岡野自身はこんな寂しさも口にする。

「最近は選手もスポンサーも酒やたばこをやらない人が増えましたし、あれは健康に良くないとか、これは他人に迷惑がかかる、なんて寄ってたかって規制される事が多いので、つまらない世の中になりましたよね。今じゃ『除夜の鐘』もうるさいから禁止するおかしな時代です。

 自分の生き様や自己主張を隠して、みなが同じことを言えば恐くないという風潮が広がっていけば、他人とのコミュニケーションはますます取りにくくなりますし、よけいにストレスが溜まってしまいますよね」

 岡野が鳥取に移住してきた7年前には、こんなことがあった。同じマンションの住民は誰もあいさつすら交わそうとせず、ギスギスした雰囲気が漂っていた。そこで、岡野が積極的に住民との会話を心掛けたところ、いつしかマンション内にコミュニティーができ、1階ロビーに〈住民皆でガイナーレを応援しましょう!〉という掲示が貼られるまでになったという。

「人には生活環境の違いや立場の違いもあるだろうけど、誰にでも強みと弱みがあって、それをとことん理解し合えなければ同じ方向には進めませんよ。

 だから、ウチのクラブでも立場は抜きにして、『オレはこれとこれをやるけど、何かあったら助けてよ』と腹を割って話せる社内風土をつくっています。サラリーマンでも上司が自分をさらけ出すって意外に難しいんじゃないですか? うまく機能している組織はそういう人間関係ができているんだと思います」

 サッカーのみならず、人生も裏表なく常に体当たりでぶつかってきたからこそ心得た「岡野流マネジメント術」といえるだろう。

 今季、J3リーグ16チーム中、15位と不甲斐ない成績で終えたガイナーレ鳥取──。厳しい勝負の世界で、後がないチーム運営を迫られているが、岡野は変わらず逆境を力に変えるエネルギーを漲らせている。そして、果てしない夢を熱く語る。

「自前のチュウブYAJINスタジアムは環境がよく、広い敷地で空いたスペースもたくさんあるので、今後はいろんな活用方法を考えています。

 隣接するフィールドではすでに『肉フェス』を開いて、鳥取県内のイベントでは異例の3万人が来てくれました。幸い、ガイナーレの筆頭株主にはライブハウスの運営や音楽プロモーションを手掛ける企業もいますので、今後は様々なステージイベントを企画して地元を盛り上げられたらいいなと考えています。“野人フェス”なんて開けたら最高ですね。

 そして、選手の寮や育成施設、一般開放もできるスポーツジム、飲食店……たくさん実現したい構想があるんです。お世話になったこの小さなサッカークラブに恩返しをして、全国区に引き上げるまでは鳥取から離れるつもりはありませんよ。もちろん、チームのJ2、J1昇格も目指します!」

 野人・岡野雅行。「鳥取の歓喜」を伝説にするまで戦い続ける。
(敬称略)