データシステムから、新型セレナ用のリアカメラ接続アダプター RCA075Nが発売されました。

1

セレナでは通常、アラウンドビュー映像をメーター左側のマルチインフォメーションディスプレイに映し出します。

しかし、このアダプターを装着することにより、ナビゲーションのモニター画面へ出力することができるようになります。

これによって、より大きく手元に近い場所にあることの多いナビ画面で、周辺状況の確認が可能となり、一層安全に運転することができます。

早速取り付けたいっ!というセレナオーナーが多いと思いますが、ご注意。RCA075Nは、接続するナビやモニターによって、必要な製品が異なるそう。

写真はRCA075N。

たとえばディーラーオプションナビMM516D-Lに接続する場合、RCA075Nに加えてリアカメラ入力ハーネスRCH012Nが必要となります。

また、リアカメラ入力端子、ビデオ入力端子、あるいは両方に接続するなど接続方法によっても装着製品が異なるとのこと。

取り付けに際し、リアカメラ入力ハーネスのRCH012Nなどが必要になることも。詳しくはデータシステムのWEBサイトや専門店などで、ご確認ください。

価格
・リアカメラ接続アダプター RCA075N 標準価格:6,000円(税抜)
・リアカメラ入力ハーネス RCH012N 税別定価:2,858円(税抜)

(ドレナビ編集部)

新型セレナのアラウンドビュー映像をナビ画面で確認できる、データシステムのRCA075N(http://clicccar.com/2016/12/30/429750/)