大納会12月30日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比30円77銭安の1万9114円37銭で今年最後の取引を終えました。

 大納会12月30日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比30円77銭安の1万9114円37銭で今年最後の取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、前日29日の米ダウ工業株30種平均の小幅安や、ドル/円が前日の東証取引時間中から下落したことが重しとなり、日経平均は一時1万9000円を割り込みました。

 その後、ドル/円が反発し日経平均も下げ幅を縮小。日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ期待も下支え材料となり、午後に入って前日終値比プラス圏に転じる場面もありました。

 東証1部33業種中、水産・農林、医薬品など15業種が上昇、一方、電気・ガス、鉱業など18業種は下落しました。個別銘柄では、東芝、日本水産が買われ、太平洋セメント、ファーストリテイリングは売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比0.22ポイント高の1518.61。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=116円60銭台で推移しています。

(オトナンサー編集部)