囲み取材に登壇した渡辺直美。さまざまなポーズでカメラマンを楽しませた

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、ピコ太郎と渡辺直美が出演する「紅白 HALFTIME SHOW」の音合わせが行われた。

【写真を見る】音合わせに登場したピコ太郎。紅白の舞台で「PPAP」を披露!

リハーサルに登場した、歌姫・ビヨンセに扮(ふん)した渡辺は、ダンサーを引き連れて会場を盛り上げ、審査員席の著名人を妖艶なダンスで魅了。

囲みに登壇した渡辺は、審査員席に絡みに行く様子を見せたことについて、記者から嵐の2人(舞台端で見る予定の相葉雅紀と二宮和也)にも絡みにいくのかを聞かれ、「行けたら行きたいですけど、炎上が怖いです…」とためらう一幕も。

ピコ太郎との共演については「古坂(大魔王)さんとは何度かありますが、ピコ太郎さんとは今回初めて共演するので…。初めてお会いしたのですが、スターが現れたと思いました! 会場もざわつきましたから、優しい方なので、共演が楽しみです。さっき2人で『まさかここに立てるとはね…』と話をしていました。

紅と白に分かれてバチバチと言うよりは、たぶん2人ともふわふわした感じなので、『2人で協力して頑張ろうね』と話し合いました」と、協力体制を築くことを確認した。

ピコ太郎もリハーサルに登場。周囲に頭を深々と頭を下げてあいさつをする様子は派手な見た目からは想像できない礼儀正しさをうかがわせた。

歌う前には「こんにちは、ピコ太郎です。人生何があるか分かりません。紅白のリハをしています。よろしくお願いします」と記者にあいさつ。代表曲「PPAP」を披露し、歌い終わりには「気持ちいいですね!」とより深い笑みを見せた。そんなピコ太郎の登場にはもう一つスペシャルな演出が用意されているという。

「紅白 HALFTIME SHOW」前半終了から夜8時55分の中断ニュースまでの間に放送予定。紅白のハーフタイムは、渡辺とピコ太郎が楽しませてくれそうだ。