『シカゴ・ファイア』

写真拡大

2016〜2017年の秋からの放送シーズンが終了したことを受け、米TV Lineが主要5局(ABC、CBS、FOX、NBC、CW)の局ごとの全米視聴率ランキングをまとめている。この数字(レーティング)は、初回放送時と同日中に記録した数字の平均値。NBCのランキングは以下の通り。

1位 『Sunday Night Football』...6.4レーティング
2位 『Thurday Night Football』...5.5レーティング
3位 『This Is Us』...2.6レーティング
3位 『ザ・ヴォイス(月曜)』... 2.6レーティング
3位 『ザ・ヴォイス(火曜)』... 2.6レーティング
6位 『シカゴ・ファイア』...1.6レーティング
7位 『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』...1.5レーティング
8位 『シカゴP.D.』...1.4レーティング
9位 『タイムレス』...1.3レーティング
9位 『Chicago Med』...1.3レーティング
11位 『ブラインドスポット』...1.2レーティング
11位 『The Good Place』...1.2レーティング
11位 『Superstore』...1.2レーティング
14位 『ブラックリスト』...1.1レーティング
15位 『Dateline』...1.0レーティング
16位 『Caught on Camera』...0.7レーティング

5局通じて最高の数字(6.4レーティング)をマークしたNFL番組、リアリティ番組の『ザ・ヴォイス』がトップ3に入る中、ドラマで最も健闘したのは新作で感動版『LOST』とも言われる『This Is Us』。サプライズ満載のストーリー同様、驚きの好成績を収めている。

ほかにトップ10入りしたのは、シーズン18が放送中の長寿ドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』と『シカゴ』シリーズ(『シカゴ・ファイア』『シカゴP.D.』『Chicago Med』)、時間旅行をテーマにした新作の『タイムレス』。『ブラインドスポット』や『ブラックリスト』は僅差で10位圏内を逃した。

次回はCWのランキングをお伝えするのでお楽しみに。(海外ドラマNAVI)