マーベル最新作『ドクター・ストレンジ』 (c) 2016MARVEL

写真拡大

ファン待望のマーベル・スタジオの最新作『ドクター・ストレンジ』(2017年1月27日日本公開)。突然の事故で両手の機能を失った元天才外科医が、「魔術」と出会い過酷な修行の末に人智を超えたパワーを身に着け、やがて壮絶な戦いに巻き込まれていく姿が描かれる。そんな本作の見どころを徹底解説!

<strong>■映画『ドクター・ストレンジ』がファン待望の作品なワケ</strong>
11月に全米で公開され、初登場1位を獲得した映画『ドクター・ストレンジ』。大ヒットの理由としてまず挙げられるのは、主人公ドクター・ストレンジの"魔法"だ。マーベル・コミック作品の魔法を使えるキャラクターのなかで、際立って強いのがドクター・ストレンジ。時間や空間をも操ってしまう魔術師である彼は、他のキャラクターと比べてより幻想的な技を持っている。今作の監督と脚本を手がけたスコット・デリクソンは、地元紙「ロサンゼルス・デイリーニューズ」で「(数々のスーパーヒーローコミックの原作者)スタン・リーの初期のコミックで幻覚的なヴィジュアルがお気に入りだったら、きっとこの作品に満足すると思うよ」と語っている。

<strong>■細部まで忠実にこだわった映像アート</strong>
『ドクター・ストレンジ』で印象的なシーンといえば、魔術によって街や高層ビルがねじまがったり、折れたり、分断されたりと、位置感覚を奪われてしまうような映像アートだ。車や、ビルなどが、ジオラマよりもさらに細かく再現されており、それがさまざまなフォルムになることで、今まで体験したことのない感覚を味わえる。ストーリーだけではなく、映像そのものを楽しむことができるので、ぜひ3Dで観ることをお勧めする。

<strong>■ドクター・ストレンジはアベンジャーズ続編で重要な役目を果たす…?</strong>
マーベルのスーパーヒーローが集結する『アベンジャーズ』シリーズ第3弾『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題)』にも、ドクター・ストレンジが登場。彼を演じる俳優のベネディクト・カンバーバッチは、「ドクター・ストレンジはドクター・ストレンジチームにいる必要があると思うよ。彼の仕事のタイトルは現実組織の守護者だと思うし。というのも、彼はとても強力な戦い(キャプテン・アメリカとアイアンマンの抗争)で、理解を越えた多次元の脅威と戦うんだ。僕としては、どちらかの側につくよりも、ドクター・ストレンジに(キャプテン・アメリカとアイアンマン)どちらも手助けして欲しいと思うよ」と米映画レビューサイト「Yahoo Movies」でコメント。ドクター・ストレンジが今後のマーベル映画作品においても、活躍することは間違いないだろう。

■『ドクター・ストレンジ』
2017年1月27日(金) 全国ロードショー
(c) 2016MARVEL