F16戦闘機と迎える初日の出  台湾・花蓮の海岸で元旦イベント

写真拡大

(花蓮 30日 中央社)東部・花蓮県と空軍は2017年の元旦、同県の人気観光地・七星潭で初日の出とともにF16戦闘機を編隊飛行させるイベントを開催し、新年の訪れを祝う。

イベントは2014年から開催。旅行業者によると、毎年1万人を超える人々が七星潭に集まるという。F16は日の出時刻の午前6時37分頃、V字型の編隊で登場する。

この日、七星潭では国旗掲揚式やランニングイベントなども行われる予定で、県は天候がよければ午前7時の掲揚式の際にも編隊を飛来させるとしている。

(李先鳳/編集:杉野浩司)