BIGBANG、日本ドームツアーを成功裏に終了…T.O.Pの軍入隊前最後の公演

写真拡大

BIGBANGが海外アーティストとしては史上初の4年連続日本ドームツアーを成功裏に終了した。

今年11月からスタートしたBIGBANGの日本ドームツアー「BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-」は、計4都市で16回の公演で、観客動員数78万1500人を記録し、29日の京セラドーム大阪公演を最後に幕を下ろした。

この日、BIGBANGは日本のメジャーデビュー曲「MY HEAVEN」を皮切りに、壮大な弦楽器の音と共に5人のメンバーたちがステージに登場、観客たちは熱い拍手と歓声を送った。続いて「WE LIKE 2 PARTY」「HANDS UP」などパーティーに相応しい音楽が流れると、コンサートはクライマックスに達し「ガラガラ GO!!」のステージではファンたちも一緒に合唱した。

軍入隊を控えているT.O.Pは「本日も幸せな思い出を作りました。いつも僕たちの傍にいてくれてありがとうございます。しばらくの別れで僕たちの絆はより強くなるでしょう。皆様のことが恋しくなると思います。また会う日まで元気でいてください。大好きです」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

今回の公演でBIGBANGのファンたちは「声をきかせて」というサプライズイベントを準備し「BIGBANG IS VIP」のメッセージボードを通じて感動を与えた。アンコールでは「LAST FAREWELL」「LIE」などBIGBANGのデビュー時のヒット曲と「BAE BAE」を最後に披露し、計22曲で約3時間行われた華やかなステージが終わった。