深紅のドレス姿で登場した乃木坂46

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(3日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月30日に行われた。この日は、後半部分の通しリハーサルが行われ、後半の2番手(全体の24番手)で歌う乃木坂46が登場した。

【写真を見る】紅白リハに登場した美少女&美女まとめ全30枚

乃木坂46は12月28日のリハーサル初日にも姿を見せたが、そのときは歌唱曲「サヨナラの意味」のために作られた衣装を着用。今回は、紅白らしく赤のドレス姿を披露した。

「サヨナラの意味」は、卒業を発表している橋本奈々未がセンターを務める16thシングル。グループにとっては初のミリオンヒットでもある。

橋本は、初日には「リハーサルをして、これを本番でやるのか…という気持ちになりましたが、とにかく皆で楽しみたいなと思っています」と緊張の色を見せていたが、30日のリハーサルでは司会の相葉雅紀や有村架純からも声を掛けられ、落ち着いた表情を見せていた。