チョ・インソン「もうすぐ37歳なのに『ザ・キング』で高校生役を演じた」

写真拡大

「ザ・キング」でチョ・インソンが高校生役について言及した。

29日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」では、チョ・インソン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、リュ・ジュンヨル、ハン・ジェリム監督が出席した映画「ザ・キング」ムービートークライブが行われた。

この日、チョ・インソンは「来年に37歳になるのに『ザ・キング』で高校生役を演じた」と恥ずかしがった。

続いてチョ・インソンは「その演技が自然に、説得力があるように伝わってほしい。監督、お願いします」とウィット溢れるコメントを付け加えた。

またチョ・インソンは「今になって高校生を演じながら若い頃を思い出した。むしろより共感ができた」と期待を高めた。

「ザ・キング」は大きな権力を握って素敵な人生を生きたがるパク・テス(チョ・インソン) が、韓国を牛耳る権力の設計者ハン・ガンシク(チョン・ウソン) に出会い、世界の王になろうとして奮闘する過程を描いた映画だ。韓国で2017年1月18日に公開される予定だ。