「アクセントジュレ」でどんな料理もおしゃれに決まる!

写真拡大 (全4枚)

こんにちは。フードコーディーネーターで料理のツボ研究家のつちだ縁(ゆかり)です。
今回は、ちょっとおしゃれな調味料の使い方のご紹介です。冷蔵庫にある調味料を使って「アクセントジュレ」バリエ! 家飲みパーティーメニューはいかがでしょう?
ポン酢をきらきらジュレにひとひねり
いつものポン酢が、ちょっとの工夫で時短で華やかなアクセントになるメニューをご紹介いたします。
今回使ったのは、キッコーマン「ゆずか」

ロースハムとりんごのマリアージュサラダ

(所要時間 15分)
<材料>2人分
ロースハム 1パックりんご 1/4個パプリカ(黄) 1/8個ベビーリーフ 1パッククルミのロースト 適量
梅ポン酢ジュレポン酢 20cc梅肉チューブ 小さじ1/4ゼラチン(顆粒) 小さじ1/2
<作り方>
1. ポン酢と梅肉をボウルで混ぜ合わせ、ゼラチンを加えて5分おいてふやかす。2. (1)を沸騰直前のお湯につけて混ぜながらしっかり溶かす。3. 冷蔵庫で冷やし固めて、みじん切りにすれば梅ポン酢ジュレの完成。4. りんごは薄めのくし切りに、パプリカは種と綿を取り薄く切ってベビーリーフとともに水にさらす。5. ハムで(4)を巻いて梅ポン酢ジュレを乗せ、クルミのローストのみじんぎりをかけて完成。

<調理ポイント>
ポン酢、梅、ゼラチン(顆粒)を合わせたらしっかりふやかすことで、後できれいに固まります。湯煎の温度は80℃未満で! ゼラチンは80℃を超えると固まりにくくなるので、湯煎は沸騰させないように注意する。沸騰で100℃を超えてしまったら少し温度を下げて湯煎しましょう。

「アクセントジュレ」の応用レシピ
他にもアクセントジュレは、さまざまな味にアレンジでき覚えておくと料理のバリエーションが広がります。液体20ccに対してゼラチン(顆粒)は小さじ1/2で作り方は同じです。

・ダシ醤油+水+ゼラチン(顆粒)・ポン酢+わさび+ゼラチン(顆粒)・醤油+酢+辛し+ゼラチン(顆粒)・ワインビネガー+粒マスタード+蜂蜜+ゼラチン(顆粒) など

あとは、素材とのマッチングを考えれば、おしゃれレシピの幅は無限大。
生ハムメロンが合うように、塩分のきいたお肉とフルーツの相性はとってもいいもの。イチジクやグレープフルーツ、キウイと合わせるのもおすすめです。お歳暮やギフトでいただくハムもそのままでも美味しいけれど、フルーツを巻いたり混ぜたりするともっと楽しめちゃいます。
次回は、この材料をそのまま使って、全く違ったホットなメイン料理に変身させます。