心理学のことはよくわからないけれど、生い立ちや環境などの要素から形成される人間の性格は無限の種類があって複雑なものと思われがち。ところが、コスモポリタンイギリス版から、「性格のタイプはわずか4つに集約できる」という記事を発見! 

この研究はスペインにあるマドリード・カルロス3世大学の研究者たちによって行われたもの。500人の被験者を数百に及び、様々な社会的シチュエーションで、自分が他人と協力するか、対立するかなどということを想定させたんだそう。その結果、世界には4つのタイプの性格しかないことが判明したんだとか。

実験では、狩猟を想定したシナリオの下、被験者をこれら4つのタイプに分類。

シナリオの内容は、2人一緒なら鹿を狩ることができるが、1人きりの場合はウサギしか狩ってはいけない。あなたなら、どちらをしたい?というもの。

嫉妬深いタイプ

嫉妬深い人はウサギ狩りする方を選ぶ。なぜなら、そうすればもう1人の狩り人よりも自分が優位になるとは言えないにしろ、少なくとも同等になるから。

楽観主義者タイプ

楽観主義者は鹿狩りを選ぶ。というのも、2人の狩り人が協力し合うことは最善の策だから。

悲観主義者タイプ

悲観主義者は、ウサギ狩りを選ぶ。なぜなら、たとえ(大物の鹿と比較して)獲物が小物であれ、何かしら手に入れることができる可能性が高くなると考えるから。

他人を信頼しやすいタイプ

他人を信頼しやすい人は協力することを選ぶので、鹿狩りを選ぶ。

この結果、一番多くの人(約30%)が当てはまったのが「嫉妬深い」グループ。らの最大の目的は勝利を収め、他人よりも高いレベルに達すること。というのは、自分が持っていないものを他人が持っていたら、彼らは嫉妬心を抱くからなんだそう。ちなみに人間は意志が弱い生き物で、自分が持っているものをありがたく感じるよりも、他人の持ち物に対して嫉妬しやすいんだそう。

あなたはどのタイプだった?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN UK