こちらが「ブルックリン」オフィス

写真拡大

大好評発売中のディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』のMovieNEX。その人気の秘密を探るべく米カリフォルニア「ピクサー・アニメーション・スタジオ」に潜入。観るたびに発見をくれるピクサー作品の、遊び心とインスピレーションの源に迫る!第2回は、メインオフィスに続き、スタジオ内をくまなくご紹介。

【写真を見る】レンガ造りの壁と『メリダとおそろしの森』のイラストがシック

メインオフィスから小道を歩いて行くと、「ブルックリン」オフィスに到着。ここではテクノロジーの開発や、新作についての重要な会議が行われているそう。開放的な「スティーブ・ジョブズ・ビルディング」とはまた違った趣のオフィスだ。

ここにもピクサーらしい遊び心がたっぷり。ビルの屋根には『ファインディング・ニモ』のカモメが停まっていたり、床の模様にバズ・ライトイヤーやレミーのシルエットが隠れていたり。『ファインディング・ドリー』のハンクがあちこちに隠れているのも楽しい。オフィスにも、ピクサーファンが毎回「どこにルクソーボールが出てくるんだろう?」と探すお楽しみのような仕掛けがある。

また、「ブルックリン」にはレコーディングスタジオも併設されており、実際に『ファインディング・ドリー』のレコーディングもここで行われたという。編集部も特別に、アフレコ体験をさせてもらった。タイミングを合わせるだけでも精一杯…といったところだが、実際には監督と役者が活発にアドリブを取り入れ、アニメーターたちが後から口の動きを合わせたりもしたそう。いいと思ったものはどんどん取り入れるのがピクサー流だ。

オフィス内にはビリヤード台などのゲームコーナーもあり、外に出ればサッカーフィールドや温水プール、バスケットコートにバーベキュー場まで。息抜きに体を動かし、コミュニケーションしているうちに、思いがけないアイデアが生まれることも多々あるという。

アニメーション・スタジオと言うと激務なイメージだが、ピクサーは作品完成前など忙しい時期以外は、夕食前には帰宅するというから驚き。その働きやすさから長く働く人が多いのが特徴で、勤続10年でバズ・ライトイヤーのブロンズ像が、20年ではウッディのブロンズ像がもらえるそう。そしてなんと50人近くが、ピクサー初の長編『トイ・ストーリー』の頃から働いているスタッフとのこと!どのクリエイターに話を聞いても「部署間が近しくて、家族のような会社」と表現する。そんな理想的な職場環境だからこそ、夢を与える作品が生まれるのだろう。【取材・文/Movie Walker】