グランドオープンを迎えたイオンスタイル碑文谷

写真拡大

 目黒区碑文谷のランドマークが約半年の眠りから目を覚まし、新たな時を刻み始める。

 総合スーパー「ダイエー碑文谷店」として41年間に亘って親しまれてきた建物がイオンの手によって大きく生まれ変わり、12月18日に「イオンスタイル碑文谷」としてグランドオープンを迎えることとなった。

◆日本を代表する総合スーパーだった「ダイエー碑文谷店」、イオンが再生

「イオンスタイル碑文谷」は、旧・ダイエー碑文谷店跡の建物に出店したイオンの大型ショッピングセンターだ。

 ダイエー碑文谷店はダイエーの東京における旗艦店として1975年4月に開店。7階建てで売場面積は14,514屐8什澆賄蟷颯侫.鵐匹痢屮罐淵ぅ謄奪鼻Ε◆璽丱鹽蟷駛/諭廚保有しているが、元々は横井英樹氏(のちにオーナーである「ホテルニュージャパン」火災により逮捕)の所有だった。当初はボウリング場「トーヨーボウル」とすべく建てられた建物であったものの、竣工時にはボウリングブームは終焉を迎えており、当時店舗網を拡大していたダイエーが賃借する運びになったという数奇な運命を辿っている。

 1990年ごろには年商200億円を越え、目黒・碑文谷という立地もあり「日本で一番芸能人に会えるスーパーマーケット」と噂されるなど、マスコミに登場する機会も多かった。

 41年間に亘ってダイエーの旗艦店、そして日本を代表する総合スーパーとして親しまれてきた碑文谷店であったが、ダイエーのイオングループ入り、そして建物の老朽化に加えて売場構成が時代に合わなくなったこともあり、2016年5月5日に閉店。イオンの店舗とすべく改装・耐震補強工事が進められていた。

◆かつての面影は一層!-まるで百貨店?

 イオンスタイル碑文谷のキャッチフレーズは「創・装・奏」。「あの頃の創りをつなぎ、新たに装い、みなさまと共に毎日の暮らしを奏でる」という思いを込めたものだという。

 12月18日のグランドオープンに先駆け、12月16日には地元住民とイオンカード所有者などを対象としたプレオープンが行われ、朝から多くの人が詰めかけた。

 館内はスターバックスコーヒーなど一部を除けばイオンの直営売場が中心で、1階は生鮮食品、惣菜、イートインなど、2階は銘菓・銘店、調味料、輸入食品、酒、インストアBarなど、3階は化粧品、レディスアパレルなど、4階はホームファニシング、リビング、ダイニング、ヘルスケア、家電、調剤薬局などといった構成。今回営業を開始したのは1階から4階までで、5階から7階は2017年春のオープンを目指して工事が進められており、キッズ・ベビー関連の売場やレストラン、大型書店、クリニックなどが出店する予定だという。

 建物の外装は色が変わった程度であるが、内装は以前とは大きく変わっており、什器に木を多く使うなど落ち着いた雰囲気で、地元客からは「全く違う建物みたい」「デパートのよう」という声も聞かれたほどであった。

 売場づくりにおいては、特にこだわりの食品に力が入れられた。食品売場には近年のイオンの店舗でもお馴染みとなっているカフェ併設のイートインコーナー、イオンリカーのインストアBar、輸入食品売場が登場。ワイン売場ではソムリエが、コスメ売場ではビューティーアドバイザーによる接客が行われるなど、惣菜や銘菓銘店、化粧品などを中心に対面販売が主体となっている売場も多く、百貨店にも引けを取らないような接客サービスが提供される。

 ダイエー時代に販売されていた「碑文谷という立地ならでは」の商品は、売場や品揃えが拡大された。一例をあげると、ダイエー時代に好評であったオーガニックコスメ売場や、やはりダイエー時代に好評であったダイエー直営牧場で育てられた高級牛「さつま姫牛」の売場、銘菓・銘店売場などの充実が挙げられる。