写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ビッグサイトにて29日、世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット91」(会期:12月29〜31日)が開幕した。

同人誌の即売会や企業ブースのほか、「コミケ」名物といえばさまざまなアニメやコミックのキャラクターに扮したコスプレイヤーたち。近年のコスプレの盛り上がりも手伝ってか、初日となる29日には17万人もの来場者が詰めかけた。会場では、企業ブースを待つ列以外にも人気コスプレイヤーを撮影するために長蛇の列ができていた。

ほかのコスプレが許可されているイベントに比べ、ジャンルに縛られない傾向が見られる「コミケ」。最新作がモチーフになりやすい一方で、新旧問わず自身の思い入れのある作品や、衣装自体が魅力的なキャラクターを選ぶレイヤーも多く、そのコスプレを見るだけでも十分に楽しめるイベントになっている。それでは、初日に会場で特に人気を集めていた美人コスプレイヤーさんたちを紹介していく。

庭園では、『ファイナルファンタジー10』より、シリーズ屈指の人気女性キャラクター・ユウナ(白石ゆうかさん@shiraishi-yuuka)、ルールー(木滑ひかるさん@hikarun0917)、リュック(玉樹るいさん@kotora-mokacora)を発見。最新作『ファイナルファンタジー15』が発売されたばかりだが、あえての『10』。しかも女性3人組で『10-2』のユウナ×リュック×パインのトリオを選ばなかったことにも強いこだわりを感じた。

ダブルそに子で撮影に協力してくれたのは、なつかさん(@CAOSnaSIO)とみりんさん(@mi_rinnn)。さらに『ラブライブ!』の星空凛に扮した鎖鬼さん(@kusarioni)と小泉花陽のわたなべこたさん(@watanabekota825)による"りんぱな"コンビも人気を集めていた。

また、蒸気銃を構える姿が凛々しい『甲鉄城のカバネリ』無名のらむこ(@ramu_d1x0d)さんや、眼鏡のサイズ感もバッチリな『ペルソナ5』佐倉双葉のレイヤーさんなど、今年の話題作のコスプレも見られた。