28日、有名ブランドのコピー商品を米国の販売店に持ち込み返品、交換してせしめた正規品を転売していたタイ人女性がこのほど捕まった。写真は中国製の高級ブランドコピー商品。

写真拡大

2016年12月28日、中国メディア・新浪によると、有名ブランドのコピー商品を米国の販売店に持ち込み返品、交換してせしめた正規品を転売していたタイ人女性が捕まった。

【その他の写真】

捕まったのは学生として米バージニア州アーリントンに滞在していた41歳の女性で、ネット上などで買った有名ブランドのショップ袋や保管袋に中国製のコピー商品を入れ、本物として返品し交換。せしめた正規品はSNSなどを通じて転売していた。1年余りで不当に得た利益は100万ドル(約1億1700万円)に上る。

被害は12州、60店あまりに及んだ。ある店では最大の得意客にまでなっていたが、返品があまりに多すぎることを不審に思った店が警察に相談。米国土安全保障省の捜査員がバイヤーに扮(ふん)して女性に近づき、数々の犯罪行為と無数のコピー商品を所有していることを突き止めた。

女性は罪を認め、禁錮30カ月、執行猶予3年、不当に得た利益の没収と被害店舗への賠償という判決を受けた。女性はSNSで、自身の優雅な生活ぶりを紹介していた。(翻訳・編集/岡田)