拡大戦略を続けるイオン

写真拡大

 2016年の日本経済界を揺るがした大企業をめぐるニュースの多くには、「創業家の強い影響力」という共通点があった。時に成長を押し上げる原動力になり、時に抵抗勢力になり、時に経営を危うくする。「畏るべき創業家」を解剖する。

 売上高8兆円を超える最大手流通グループ。イオンの源流は、1969年に岡田屋、フタギ、シロという3つの会社が合併して共同仕入会社として誕生したジャスコである。

 3社のうち、核になったのが「岡田屋」だ。初代岡田惣左衛門氏が四日市市に太物・小間物商「篠原屋」を創業したのが始まりで、5代目が「岡田屋」に改称。のちに“イオンの総帥”となる7代目の岡田卓也氏は、1946年に岡田屋社長に就任している。イオンの現社長はその長男で8代目の岡田元也氏。ちなみに、民進党前代表の岡田克也氏は元也氏の実弟である。

「ジャスコの設立時に岡田屋が最も大きな会社で、影響力も岡田氏が他を上回っていた。そのため、経営陣を岡田家が占めるようになり、徐々に自分の会社にしていったということでしょう。

 ジャスコは他の流通企業とも業務・資本提携を進めていきますが、当初は“ゆるやかな連帯”と称し、独立した別企業として尊重する姿勢でした。それが1997年に経営破綻したヤオハンを救済して規模を拡大すると、これを契機に拡大戦略を推し進めていく」(『経済界』編集局長・関慎夫氏)

 ヤオハンもまた創業家が経営する企業だった。創業家の和田一夫氏が社長に就任すると急激な拡大戦略を採ったが、それが裏目に出て会社は倒産。イオン傘下に入っている。

 中内功氏が創業したダイエーも同様だ。イオンのライバルとして拡大戦略を進めてきたが、1990年代後半から経営が悪化し、1999年には赤字に転落。中内氏はすべての役職を辞任した。ダイエーは産業再生機構の支援を受け、2007年にイオン、ダイエー、丸紅3社による資本・業務提携に踏み切り、2015年にはイオンの完全子会社となった。

 さらに“瀬戸内の暴れん坊”の異名をとる中山芳彦氏が会長を務めていた四国のマルナカも2011年にイオンの子会社になっている。

 敗者を吸収することで巨大化したイオンだが、ここにきて曲がり角を迎えている。本業のスーパー事業が不振で、これらの事業で営業赤字を計上するようになっているのだ。

「岡田元也社長は、非常に合理的な考え方の人物なので、場合によってはイオンの核である流通業を切り離して売却することもありうる。岡田家の家訓に、『大黒柱に車をつけよ』という言葉があり、お客様の変化に合わせて店舗を移せ、既成概念に囚われず、環境変化に対応せよという意味。イオン自体が違う業種に変化することもありえます。大胆な変革ができるのも創業家が影響力を持っているからです」(前出・関氏)

※週刊ポスト2017年1月1・6日号