兵庫県宝塚市西谷で行われている「ソーラーシェアリング」


 太陽光発電施設の建設による環境破壊が各地で問題になっている。

 地方に住んでおられる読者なら、山や台地の斜面が丸裸にされ、大量のソーラーパネルが並んでいる光景を見て土砂崩れの心配をしたことがある人も多いだろう 。あの光景を一目見れば、「二酸化炭素を出さないから環境にいい」などと言った宣伝がウソに思えてくる。

 とはいえ、知恵と工夫によって環境に悪影響を及ぼすことなく設置することは可能だ。一般的になじみがあるのは、多くの家の屋根に設置する方法だ。農業界隈では、田畑の上に設置する方法が考えられ、実際に試みられていることは2014年の記事で述べた。

太陽光発電と農業のハイブリッド、成功のカギは「支柱」の開発(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39851)

 それから約3年、田畑にソーラーパネルを設置して、太陽光を作物と発電でシェアする「ソーラーシェアリング」をやっている農家がいると聞き、訪ねてみた(2016年9月取材)。

若者が農業に希望を持てるモデルを

 場所は兵庫県宝塚市西谷、県道68号(北摂里山街道)沿いの農家。取材時この周辺には、ほかにも3カ所、ソーラーパネルを設置している農地があったが、この12月に新たに1つ設置された。2017年には、さらにもう1つ設置されるようだ。

 いずれも設置業者は同じで、現在2名の有志が宝塚市西谷ソーラーシェアリング協会を結成し、ソーラーシェアリングの普及を図っている。今回は同協会のメンバーの1人である西田均氏に話を聞いた。

宝塚市西谷ソーラーシェアリング協会の西田均氏


 西田氏は68歳。県立有馬高校農業科を卒業し2年間自衛隊に入隊した後、家業だった大工をやりながら農業を続けてこられたとのこと。

 自前の農地は9反歩(90a)ほどだが、集落営農のリーダー格で代表を務める農事実行組合(任意組合の形態の1つで主に農家によって構成されているが法人格を有しない組合)では、17町歩(17ha)を管理されている。

 組合では、田植え機に取り付けるマット状の苗1万3000枚の栽培および販売もされていて、これは宝塚市で生産されているコメの65%に相当する、86ha分くらいの規模だ。

 そんな西田氏が、太陽光パネルの設置の検討を始めたのは、やはり地元農業の振興を考えてのことだ。西谷という地域は宝塚市北部の山間部で、宝塚歌劇のある市街まで行くのに車で25分、バスで40分ほどかかる地域。そのバスも便数がすくなく、交通面ではかなり不便なところだと言えるだろう。

兵庫県宝塚市西谷、県道68号(北摂里山街道)周辺。中央に走るのが68号(GoogleMap)


 そんな地域では、若者は地域から流出することが多くなるわけだが、若者の流出を止められないにしても、西谷で若者が農業をすることに希望が持てる手本となるようなモデルを作らなければいけないだろうと西田氏は考えた。実際、そんな野心がなければ60歳を大幅に過ぎて投資回収に時間のかかるソーラー発電に興味を示したりはしないだろう。

作物にも人にも優しいメリット

 同様の考えを持つ友人とともにソーラーシステムを導入し、ソーラーシェアリング協会を立ち上げたのは2015年12月のこと。地域を「ソーラーの里 西谷」として有名にして、多くの人が訪れ、ソーラーパネルの下で作られた作物がブランド化されるのが目標だという。

 ちなみに西谷のような集落単位でこれだけ多数のソーラーシステムを田畑に設置しているところは、おそらくここだけではないだろうか。見学させてもらったのは、西田氏の自宅近くにあり、今年は大豆畑になっている農地だ。

 設置から1年、どのようなメリットがあったのか。西田氏は次のように語る。

「今年はやや日照が不足しそうですけど、去年のような日差しが強い時はパネルがあることで作物の日焼け(太陽光に当たり過ぎて成育不良になること)がなくなります。それに作業面でもメリットがあります。この農地では面積の3分の1が日陰になったことで、作業していて強い日差しでしんどいなぁと思っても、作業していると自動的に日陰に入れるのでかなり助かりました。」

 実際に真夏に農作業をしていると分かるが、太陽が照りつける下で農作業をするのは、プロの農家でもあまりやらない。2時間もやっていると頭がくらくらしてきて、休まざるを得ない。

 そのため外での仕事は朝早くから昼前でいったん終わり、屋根の下で休憩するか収穫物の箱詰めなどを行い、日差しが緩んでくる夕方4時ごろから再開することが多い。しかし田畑の上にソーラーパネルがあると、普通なら出られない昼間でも作業できるメリットがある。

農地に適したシステム設計

 実際に施設を見てみると、なかなか面白い設計がなされている。田畑の上にソーラーパネルを設置する場合、田畑での作業性を考えれば、支柱の数は極力減らしたい。ソーラーパネルの重量があるので一般的なビニールハウスの支柱程度では使い物にならない。

 そうなると支柱にはH型鋼を使うことになるのではないかと想像していたのだが、なんと丸いパイプを4本束ねて、それを基礎と繋いである。

支柱は丸いパイプを4本束ね、基礎と繋いでいる


 そして上空にあるソーラーパネルを支えるのは2本のパイプに筋交い(すじかい:柱と柱の間に斜めに入れて建築物や足場の構造を補強する部材)入りのトラス構造である。軽さと頑丈さを両立させるために、設計した人はかなり考えた跡がうかがえる。

2本のパイプに筋交い入りトラス構造でパネルを支えている


 また、実際に設置してみて問題点はないか尋ねると、ちょっと考えて「支柱の間隔がもう少し広いと助かる」との答えが返ってきた。

 現在の支柱は5m間隔て設置されているが、大工でもある西田氏の感覚では構造的に7mくらいまでなら支柱の間隔を広げても大丈夫ではないかと考えているそうだ。それだけ支柱の間隔が広ければ、それなりに大型の農業機械を投入することも可能になるからだ。

 西田氏は以前から田畑の上にソーラーパネルを設置する構想を練っていたが、実際にやる上での問題はほぼクリアできているようだ。

コスト面はどうか?

 西田氏の畑のソーラーシステムの仕様は725平方メートル、37.44kWで設置にかかった費用は1400万円。全て自己資金である。

 買電収入は予想発電量3万7500kWhに買取り価格29円で108万7500円。設備の償却を20年均等で年70万円を引くと年38万7500円の利益が残る。利回りは総投資額1400万円の2.7%程度になる。

 もっとも、売電価格は建設時期が遅くなると減っていくため、これから建設しようとすると販売する電気の価格は24円になるが、それでも2%程度の利回りは確保できそうだ。

 西田氏は周囲の農家にもソーラー発電の導入を勧めているが、その時にこの利回りを示して「銀行に預けているよりいいだろう」と説得材料に使っているとか。

 もっともソーラー設備には固定資産税がかかる。宝塚市はソーラー発電施設に設置後5年間は固定資産税を免除している。償却残が多く残る最初の5年間は非課税となるので、土地を借り、融資を受けて設置しやすくなっている側面は無視できないだろう。

 最後にこれからソーラーシェアリングが普及するのかについて私見を述べたい。

 これまでに作られたソーラー発電施設は売電価格が固定されているため問題ないと思われるが、今後作る部分については不透明である。ソーラーパネルの価格下落は今後も進むであろうし、次世代の太陽電池パネルとして期待のかかるナノワイヤー太陽電池が実用化すれば、電力会社の発電コストとそう変わらないレベルまで発電コストコストは下落するとみられる。

 しかし、その前に電力会社がどれだけ生産された電気を買ってくれるかがネックになる。一昨年、電力会社が太陽光発電の電気買い取り拒否を行ったのは記憶に新しい。あまりに大量に太陽光発電施設が作られたため、電力会社の受け入れ余力がなくなりつつあるのが現状である。

 中長期的には、いわゆるスマートグリッドと呼ばれる賢い電力網が整備されて状況は違ってくるかもしれないが、ここ数年の短期的には買い取り枠が残っているうちに参入するのが吉であろう。買い取り枠がなければ、作った電気は自分で使うか、売るかしなければならなくなる。

 ちなみに、今回訪れたソーラーパネルが設置されている県道68号(北摂里山街道)は、関西のバイク乗りには有名なツーリングコースでもある。バイク乗りの方は一度ツーリングがてら見物されてはいかがだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:有坪 民雄