登壇した有村架純と武田真一アナウンサー

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、初司会トリオの嵐・相葉雅紀、有村架純、武田真一アナが会見に出席した。

【写真を見る】有村架粋は初の紅白司会に意気込む!

初めての紅白の囲み取材に臨んだ紅組司会者・有村と総合司会・武田アナは、フォトセッションの“フラッシュシャワー”にビックリした様子。

囲み取材は“ベテラン”の白組司会者・相葉だが、「全然まばたきしないから、さすが女優さんだね! 僕でもクラクラ来たのに」と有村の本番強さを絶賛。

武田アナは「ニュースでこれだけの量のフラッシュ映像は流せないので、『放送するには編集が大変だな』と思っていました」と話し、相葉は「職業病ですね…」と武田アナの真面目さに目を丸くした。

今回、単独司会初挑戦となる相葉は「5人でやらせていただいていたときとは全然違います。嵐でやった時は、大変なところは櫻井(翔)がやっていたので」と自虐的コメントで報道陣を笑わせた。

'15年4月期の月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)で相葉が兄、有村が妹役で共演がある2人。

有村は、相葉について「すごく責任感があって気も使ってくれる人。だけど、相葉さんばかりに任せたり、しんどい思いばかりをさせちゃいけないなと思います。一緒に頑張っていけたら」と意気込む。

また、相葉は紅白司会経験のある先輩として「ご飯の時間には気を付けて。着物を着る場面もあるから、直前に食べると締め付けで『ウッ』となるよ。1時間は置こう」と有村に自身の経験に基づくアドバイス。

さらに、有村が「相葉さんは早着替えのプロですよね? 5分間しかないから間に合うか私は心配です」と嘆くと、相葉は「5分は時間あり過ぎ。嵐レベルになると1分だから」とドヤ顔!

そんな相葉だが、面談で事務所の先輩・KinKi Kidsから「俺らの出番は気を抜いていいから。いつもの相葉ちゃんらしくやってよ」と頼もしい言葉を掛けられたことを告白。「出演歌手の皆さんに頼りっぱなしです」と正直に打ち明けた。

最後に相葉は「僕は優勝旗を持てたことがないんです。勝ってもリーダー(大野智)がいつも持って、回って来ない。1回も握ったことがないので、持ってみたいです!」と独特な“勝ちたい理由”を述べて、会見場を後にした。