「第67回NHK紅白歌合戦」リハーサルが行われた渋谷・NHKホール

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合で生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、嵐(出場8回目)が会見に出席した。

【写真を見る】嵐は“大トリ”を務める!/(C)NHK

今回、初の大トリを務める嵐は「嵐×紅白スペシャルメドレー」を披露する予定。また、既報の通り、メンバーの相葉雅紀が初単独司会で、ダブル“初”の紅白となる。

ここでは、松本潤の会見での様子をレポート!

松本は、会見にベージュのトレンチコートと黒のパンツ姿で登場。

初めて大トリに指名されたことについて、松本は「相葉さんが司会をやるのもサプライズでしたけど、自分たちが大役を任されることにも驚きですよね」とコメント。

司会の相葉自身は「自分の歌と番組の進行、ダブルで緊張します」とぼやくと、松本は「締めるところは締めると思いますよ。5人で司会をやらせていただいた経験があるので、有村(架純)さんを引っ張るんじゃないかな」と期待を口にした。

また、今回の嵐のパフォーマンスの見どころを聞かれると「まだリハーサルをやっていないので、これからなのですが」と前置きをして、「NHKのスタッフさんとお話させていただいて、僕らの分かりやすい曲、僕たちがずっと歌ってきた曲をメドレーでやらせていただきます」と予告。

「テレビを見ている人たちも楽しめる曲ですか?」とメドレー構成について踏み込んだ質問が飛び出すと「その予定です(笑)」と、“マツジュンスマイル”で明言を避けた。

松本は嵐のことし1年を振り返り、「アリーナツアー、5大ドームツアーと、5人でステージに立つことが多かったですね。

打ち合わせを含め、本当に5人で一緒にいる時間が長かった。その結果が、最近みんなスイーツにハマるという(笑)」と総括。

スイーツブームはなかなか“ガチ”なようで、この日は、出場歌手との面談で朝からNHKに詰めていた相葉やスタッフに向けてワッフルを差し入れ。

松本は「出場歌手の方が入れ替わるちょっとした時間に食べられたらいいんじゃないかと、4人で相談した」と差し入れの経緯を説明すると、相葉は「しかも、フォークも皿も使わずに食べられるチョイスまでしてくれてたでしょ? そこまでの気遣い、女子力高い!」と絶賛した。

さらに、「ことしを漢字1文字で表すと?」という年末の恒例の質問には、「僕は相葉雅紀さんの“雅”。相葉君が紅白の司会をやることがすごい事だと思いますし、優勝して、相葉さんが優勝旗を持っている姿で2016年を終わらせられたらいいなと思っています」とコメント。不安でいっぱいの相葉にエールを送った。

会見の最後には、年内いっぱいで解散するSMAPへの思いを聞かれ、「ジャニーズで最初にライブを見たのはSMAPでしたし、東京ドームや国立競技場でライブをやっているのを見て、『自分たちもいつか立ちたいな』と思った。本当に自分たちにとって偉大な先輩でした」と存在の大きさを語った。