サンダーランドのイングランド代表GKピックフォードがヒザの負傷で約2カ月の離脱

写真拡大

▽サンダーランドは29日、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードがヒザの負傷により、8週間の離脱となることを発表した。

▽26日に行われたプレミアリーグ第18節のマンチェスター・ユナイテッド戦に出場したピックフォードは、試合中にチームメイトのセネガル代表DFパピー・ジロボジと接触。その後もプレーを続けたが、その後に行われた検査でヒザのじん帯損傷が発見された。

▽ピックフォードのコンディションについて、サンダーランドを率いるデイビット・モイーズ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ジョーダンについて良い知らせと悪い知らせがある。良い知らせは、ジョーダンのケガが前十字靭帯断裂という大ケガでなかったことだ。しかし、彼はじん帯を伸ばしてしまった。それが悪いニュースだ。我々は6〜8週間彼を失うことになるだろう」

「ジョーダンはこれまで良いパフォーマンスを披露していただけに、我々にとってとても大きな損失だよ」